【Apitor Robot Q】面白いタワークレーンのレビュー

【Apitor Robot Q】面白いタワークレーンのレビュー

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前レビューした「Apitor Robot Qアピター ロボットQ」には20種類の作例があります。

今回はその中の一つの「タワークレーン」について詳しく紹介します。

本記事の内容
  • 【Apitor Robot Q】タワークレーンのレビュー

タワークレーンはタワーが左右に回転し、ワイヤーが上下に移動するクレーンです。

Apitor Robot Sのクレーンとはまた違った動きで面白いですよ。

created by Rinker
Apitor
¥9,900 (2024/02/26 09:20:39時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

【Apitor Robot Q】タワークレーンのレビュー

「ドッグ」の分解

今回は、前回作った「ドッグ」を分解するところから始めます。

Apitor Robot Xに付属していたブロック外しは使いにくかったのですが、Apitor Robot Q/Sに付属するものはかなり使いやすくなってました!(ほぼレゴブロックのブロック外しと同じ形です。)

Xだけが違うわけではなく、最近のモノは改良されたのかもです。

私は10分くらいで分解できました。小さなパーツは予め仕分けしておくといいですね。Apitor Robot Qの仕分け

Seriaやダイソーで購入できるSikiriケースが便利ですよ。

組み立て

組み立ては専用アプリの説明書を見ながらおこないます。

完成!

そして、完成したものがこちらです!30分くらいで完成しました。

後ろから見るとこんな感じ。

右側面です。ワイヤーの上げ下げのためにモーターを使っています。

左側面です。タワーの回転のためにモーターを使っています。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

まあまあコンパクトです。

手動で可動する箇所

手動で可動する箇所は次のとおりです。

  • なし

モーターで動く箇所のみです。

リモコン操縦

リモコン操縦で可動する箇所は次のとおりです。

  • ワイヤーの上げ下げ
  • タワーの回転

操縦は専用アプリでおこないます。ゲームのコントローラーのようになっています。

リモコン操縦する様子はこんな感じです。

タワーはけっこう安定して回転しますね。

タワーが回転する仕組みはと言うと、モーターの回転をギアで伝えています。

ワイヤーの上げ下げはこのようになっており、モーターの回転をギアとプーリで伝えています。

真上から見るとこんな感じでして、プーリで伝えた動力を利用してワイヤーを巻き上げています。

色んな回転の仕組みが学べますね。

サンプルプログラム

プログラムで動作する箇所は次のとおりです。

  • ワイヤーの上げ下げ
  • タワーの回転

プログラムを実行するとこんな感じです。カラーセンサーと赤外線センサーを上手く利用しています。

赤外線センサーが物体を検知するたびに回転と停止を交互に繰り返します。このプログラムはぜひアプリで確認してみてください。ちょっと変わったやり方です。

カラーセンサーは色の違いを検知できるので、色に応じてワイヤーの上げ下げをプログラミングしてあるだけです。

結論:回転の仕組みが面白いタワークレーン

ギアとプーリがたくさん使われており、動力伝達の仕組みがたくさん学べました。

また、他の作例のレビュー記事もよろしければどうぞ。

それでは Apitor Robot Qを楽しんでください(^^)/~~~

created by Rinker
Apitor
¥9,900 (2024/02/26 09:20:39時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました