【Apitor Robot Q】シンプルなシーソーのレビュー

【Apitor Robot Q】シンプルなシーソーのレビュー

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前レビューした「Apitor Robot Qアピター ロボットQ」には20種類の作例があります。

今回はその中の一つの「シーソー」について詳しく紹介します。

本記事の内容
  • 【Apitor Robot Q】シーソーのレビュー

シーソーはコレまでのApitor Robot Qシリーズの作例にも使われているリンク機構を使って動いています。シンプルな動作をお楽しみください。

created by Rinker
Apitor
¥9,900 (2024/02/27 10:28:08時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

【Apitor Robot Q】シーソーのレビュー

「スイング」の分解

今回は、前回作った「スイング」を分解するところから始めます。

Apitor Robot Xに付属していたブロック外しは使いにくかったのですが、Apitor Robot Q/Sに付属するものはかなり使いやすくなってました!(ほぼレゴブロックのブロック外しと同じ形です。)

Xだけが違うわけではなく、最近のモノは改良されたのかもです。

私は10分くらいで分解できました。小さなパーツは予め仕分けしておくといいですね。Apitor Robot Qの仕分け

Seriaやダイソーで購入できるSikiriケースが便利ですよ。

組み立て

組み立ては専用アプリの説明書を見ながらおこないます。

完成!

そして、完成したものがこちらです!15分くらいで完成しました。

後ろから見るとこんな感じ。

シーソーに人が乗ってます。

ちなみに、このミニフィグはLEGOブロックのミニフィグとは構造が少し違います。

反対側にはロボット?が乗ってます。

あと、なぜか大きい顔がついてます。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

まあまあの大きさです。

手動で可動する箇所

手動で可動する箇所は次のとおりです。

  • なし

モーターで動く箇所だけです。

リモコン操縦

リモコン操縦で可動する箇所は次のとおりです。

  • シーソー

操縦は専用アプリでおこないます。ゲームのコントローラーのようになっています。

リモコン操縦する様子はこんな感じです。

シンプルな動きです。

動く部分はこんな感じでして、ギアが回転し、それをリンク機構で往復運動に変換しています。

Apitor Robot Qシリーズではおなじみの構造ですね。

サンプルプログラム

プログラムで動作する箇所は次のとおりです。

  • シーソー

プログラムを実行するとこんな感じです。

カラーセンサーに色ブロックを読み取らせることでシーソーが動く仕組みです。読み取る色によって速度が変わります。

また、赤外線センサーがミニフィグを検知する間は動き続けます。ミニフィグを下ろすと停止します。

ただ、しっかりくっついてるので動いてるときに外すのは難しいです。

結論:シンプルなシーソー

今回もApitor Robot Qシリーズではおなじみのリンク機構でシーソーを動かしました。

また、他の作例のレビュー記事もよろしければどうぞ。

それでは Apitor Robot Qを楽しんでください(^^)/~~~

created by Rinker
Apitor
¥9,900 (2024/02/27 10:28:08時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました