【Apitor Robot Q】散歩するドッグのレビュー【斬新】

【Apitor Robot Q】散歩するドッグのレビュー【斬新】

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前レビューした「Apitor Robot Qアピター ロボットQ」には20種類の作例があります。

今回はその中の一つの「ドッグ」について詳しく紹介します。

本記事の内容
  • 【Apitor Robot Q】ドッグのレビュー

犬型のロボットは色々ありますが、今回のロボットはモーターを搭載せず、遠隔で動力を伝える形式です。面白い仕組みなのでぜひ最後までご覧ください。

created by Rinker
Apitor
¥9,900 (2024/06/21 18:19:54時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

【Apitor Robot Q】ドッグのレビュー

「スピニングトップ」の分解

今回は、前回作った「スピニングトップ」を分解するところから始めます。

Apitor Robot Xに付属していたブロック外しは使いにくかったのですが、Apitor Robot Q/Sに付属するものはかなり使いやすくなってました!(ほぼレゴブロックのブロック外しと同じ形です。)

Xだけが違うわけではなく、最近のモノは改良されたのかもです。

私は10分くらいで分解できました。小さなパーツは予め仕分けしておくといいですね。Apitor Robot Qの仕分け

Seriaやダイソーで購入できるSikiriケースが便利ですよ。

組み立て

組み立ては専用アプリの説明書を見ながらおこないます。

完成!

そして、完成したものがこちらです!25分くらいで完成しました。

犬と駆動装置にわかれています。

犬側はこんな感じです。かわいい犬です。

顔のアップ。いい感じの犬では?

側面はこんな感じ。リンク機構で脚が動くようになっています。

駆動装置はこんな感じ。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

手動で可動する箇所

手動で可動する箇所は次のとおりです。

  • なし

モーターで動く箇所のみです。

リモコン操縦

リモコン操縦で可動する箇所は次のとおりです。

  • 犬の前進
  • 犬の後退

操縦は専用アプリでおこないます。ゲームのコントローラーのようになっています。

リモコン操縦する様子はこんな感じです。

一応、バックもできるのですがあまり進まないですね~。

仕組みはと言うと、駆動装置の内側にギアがあり、モーターが回転すると軸が回転し、その回転が犬に伝わります。

そして、犬に伝わった回転をギアが脚に伝えることで歩けるわけですね~。面白い仕組みです。

サンプルプログラム

プログラムで動作する箇所は次のとおりです。

  • 犬の前進
  • 犬の後退

プログラムを実行するとこんな感じです。カラーセンサーが検知する色によって動きが変わります。

鳴き声はタブレットから出ています。

結論:尾も白い犬

面白い仕組みで、尾も白い犬でした。

ブロックおもちゃは動力の伝え方が工夫してあるので勉強になります!

また、他の作例のレビュー記事もよろしければどうぞ。

それでは Apitor Robot Qを楽しんでください(^^)/~~~

created by Rinker
Apitor
¥9,900 (2024/06/21 18:19:54時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました