【Apitor Robot Q】ロッキングボートのレビュー

【Apitor Robot Q】ロッキングボートのレビュー

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前レビューした「Apitor Robot Qアピター ロボットQ」には20種類の作例があります。

今回はその中の一つの「ロッキングボート」について詳しく紹介します。

本記事の内容
  • 【Apitor Robot Q】ロッキングボートのレビュー

ロッキングボートは直訳すると「揺れるボート」です。今回のロボットはいわゆるお金を入れて動く遊具です。

お金を入れる仕組みがけっこう面白いので最後までご覧ください。

created by Rinker
Apitor
¥9,900 (2024/02/27 10:28:08時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

【Apitor Robot Q】ロッキングボートのレビュー

「オートバイ」の分解

今回は、前回作った「オートバイ」を分解するところから始めます。

Apitor Robot Xに付属していたブロック外しは使いにくかったのですが、Apitor Robot Q/Sに付属するものはかなり使いやすくなってました!(ほぼレゴブロックのブロック外しと同じ形です。)

Xだけが違うわけではなく、最近のモノは改良されたのかもです。

私は10分くらいで分解できました。小さなパーツは予め仕分けしておくといいですね。Apitor Robot Qの仕分け

Seriaやダイソーで購入できるSikiriケースが便利ですよ。

組み立て

組み立ては専用アプリの説明書を見ながらおこないます。

完成!

そして、完成したものがこちらです!15分くらいで完成しました。

後ろから見るとこんな感じ。

ボート部分はこんな感じです。シンプルです。

アップです。ノズルが付いていてなかなかかっこいいのでは?

そしてお金(コイン)を入れる装置です。

仕組みは後ほど解説します。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

けっこう小さいです。

手動で可動する箇所

手動で可動する箇所は次のとおりです。

  • なし

モーターで動く箇所だけです。

リモコン操縦

リモコン操縦で可動する箇所は次のとおりです。

  • ボートの上下

操縦は専用アプリでおこないます。ゲームのコントローラーのようになっています。

ただ、リモコン操縦はあまり意味が無いので、サンプルプログラムで動作を紹介します。

サンプルプログラム

プログラムで動作する箇所は次のとおりです。

  • ボートの上下

プログラムを実行するとこんな感じです。

コインを入れて動き出す仕組みの正体は赤外線センサーです。これがコインを検知することでモーターが動き出します。

結論:センサーを上手く使った作例

ボートの動き自体はシンプルですが、赤外線センサーでコインを検知して動き出す部分はいいアイデアですね。

また、他の作例のレビュー記事もよろしければどうぞ。

それでは Apitor Robot Qを楽しんでください(^^)/~~~

created by Rinker
Apitor
¥9,900 (2024/02/27 10:28:08時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました