【Apitor Robot S】クレーンのレビュー【本格的】

【Apitor Robot S】クレーンのレビュー【本格的】

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前レビューした「Apitor Robot Sアピター ロボットS」には10種類の作例があります。

今回はその中の一つの「クレーン」について詳しく紹介します。

本記事の内容
  • 【Apitor Robot S】クレーンのレビュー

クレーンはアームとワイヤーが上下に動くロボットです。ちゃんとクレーンの動きを再現しているので楽しいですよ!

created by Rinker
Apitor
¥11,900 (2024/02/26 10:46:56時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

【Apitor Robot S】クレーンのレビュー

「メリーゴーラウンド」の分解

今回は、前回作った「メリーゴーラウンド」を分解するところから始めます。

Apitor Robot Xに付属していたブロック外しは使いにくかったのですが、Apitor Robot Q/Sに付属するものはかなり使いやすくなってました!(ほぼレゴブロックのブロック外しと同じ形です。)

Xだけが違うわけではなく、最近のモノは改良されたのかもです。

私は15分くらいで分解できました。小さなパーツは予め仕分けしておくといいですね。Apitor Robot Sの仕分け

Seriaやダイソーで購入できるSikiriケースが便利ですよ。

組み立て

組み立ては専用アプリの説明書を見ながらおこないます。

完成!

そして、完成したものがこちらです!60分くらいで完成しました。

横から見るとこんな感じです。(タップで拡大します)

クレーンの糸を取り付けるところが迷ったので参考にどうぞ。横の円盤の穴にくくりつけてます。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

なかなか迫力があります!

手動で可動する箇所

手動で可動する箇所は次のとおりです。

  • なし

モーターで動く箇所だけです。

リモコン操縦

リモコン操縦で可動する箇所は次のとおりです。

  • アームの上げ下げ
  • ワイヤーの上げ下げ

操縦は専用アプリでおこないます。ゲームのコントローラーのようになっています。

実際に動かしてみた様子がこちらです。上げ下げの速さを変えられます。

ちゃんとしたクレーンですね。

ただ、ちょっと注意点がありまして、クレーンを上げすぎると支柱が壊れやすいです。

サンプルプログラム

プログラムで動作する箇所は次のとおりです。

  • アームの上げ下げ
  • ワイヤーの上げ下げ

プログラムを実行すると準備状態になり、左側の部品でアームの上げ下げを操作できるようになります。

赤外線センサー(距離センサー)が搭載されており、部品との距離が近づくと動き出す仕組みです。

また、右側のレバーを動かすとワイヤーを上げ下げします。

こちらはカラーセンサーが取り付けてあり、読み取ったブロックの色に応じて上げ下げしたり、停止したりします。

これらを動画にしました!

センサーをうまく使ったサンプルですね。

結論:ギアをうまく使った作例

ギアを使って回転運動を上下運動に変える面白い作例でした。

身近な建設機械の仕組みを体験できてよかったです。

また、他の作例のレビュー記事もよろしければどうぞ。

それでは Apitor Robot Sを楽しんでください(^^)/~~~

created by Rinker
Apitor
¥11,900 (2024/02/26 10:46:56時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました