Amazon新生活セールのおすすめ

【アーテックロボ】トリケラトプスのサンプルプログラムの修正方法

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前、アーテックロボの「サーボモーターの校正」をしたときに、サーボモーターを接続するピン配置を変更しました。

本記事では、それに伴って修正が必要なトリケラトプスのサンプルプログラムについて解説します。

本記事の内容
  • 【アーテックロボ】トリケラトプスのサンプルプログラムの修正方法

プログラムを変えるだけではなく、基盤の設定も変える必要があるので画像付きで詳しく解説します。

本記事を見ていただければ基盤の設定方法やサンプルプログラムの修正方法がわかるようになります。

スポンサーリンク

【アーテックロボ】トリケラトプスのサンプルプログラムの修正方法

サンプルプログラムを修正する全体の流れは次のとおりです。

  • 0. サンプルプログラムをダウンロードする
  • 1. サンプルプログラムを開く
  • 2. 入出力設定をする
  • 3. サンプルプログラムを修正する

上記のとおりです。順番に解説しますね。

【準備】0. サンプルプログラムをダウンロードする

まずは、トリケラトプスのサンプルプログラムを公式サイトからダウンロードします。
⇨ 公式サイトはこちら

公式サイトの[サンプルプログラムのダウンロード]ボタンをクリックします。

ダウンロードしたファイル(triceratops.bpd)がこちらです。

ダウンロードしたファイルはデスクトップに保存するとわかりやすいですよ。

1. サンプルプログラムを開く

次はサンプルプログラムをプログラミングソフト(Studuino mini)で開きます。

プログラミングソフト(Studuino mini)は公式サイトからダウンロードします。
⇨ 公式サイトはこちら

プログラミングソフトを起動したら[ファイル > 開く]をクリックします。

すると、プロジェクトを選択する画面が開くので、手順0.でダウンロードしたサンプルプログラムを選択します。

サンプルプログラムを開くとこんな感じです。

2. 入出力設定をする

次は基盤の入出力設定をします。

なぜなら、「サーボモーターの校正」をしたときに、使用するピンを「D5、D6」→「D10、D11」に変更したからです。※サンプルプログラムは基盤の「D5」と「D6」ピンを使用するようになっています。

まず、[編集 > 入出力設定]をクリックします。

すると、入出力設定画面が開きます。図のようにD5とD6にチェックが入っています。

「あれ?画面が表示されないな」と思ったら元の画面の後ろに隠れていないか確認してください。

次は[チェックを全て外す]をクリックします。

どうやら同時に使えるピンに制限があるようで、「D5」と「D6」が使われているときは「D10」と「D11」が使えません。なので一旦、チェックを全て外します。

そして[D10]と[D11]にチェックします。また、LEDも使えるようになるので、今後のためにLEDもチェックしておきましょう。

チェックし終わったら[OK]ボタンをクリックして完了です。

3. サンプルプログラムを修正する

最後は基盤の設定にあわせてサンプルプログラムを修正します。修正箇所は使用するサーボモーター部分です。

図のように該当箇所をクリックしてD5→D10D6→D11に変更します。

6箇所全て変更します。

変更が完了したら[ファイル > 保存する]をクリックして保存します。

これで完了です。お疲れ様でした。

あとはロボットを組み立てて動かすだけ

これで「サーボモーターの校正」と「サンプルプログラムの修正」が終わりました。

あとは、ロボットを組み立ててプログラムを実行するだけです。動かし方も含めてレビューしているのであわせてご覧ください。

【アーテックロボ】組み換えて色々遊べるトリケラトプスのレビュー
「アーテックロボ TRICERATOPS(トリケラトプス)」はトリケラトプスをブロックで組み立ててプログラミングすることができます。また、ステゴサウルスにも組み換え可能ですよ。

それではアーテックロボを楽しんでください(^_^)/~

タイトルとURLをコピーしました