【Apitor Robot Q】水平バーのレビュー【大車輪】

【Apitor Robot Q】水平バーのレビュー【大車輪】

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前レビューした「Apitor Robot Qアピター ロボットQ」には20種類の作例があります。

今回はその中の一つの「水平バー」について詳しく紹介します。

本記事の内容
  • 【Apitor Robot Q】水平バーのレビュー

今回紹介する水平バーとは鉄棒のことです。この鉄棒で小型のロボットが大車輪します。けっこう勢いよく回るので面白いですよ。

created by Rinker
Apitor
¥8,415 (2024/06/14 15:51:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

【Apitor Robot Q】水平バーのレビュー

「シーソー」の分解

今回は、前回作った「シーソー」を分解するところから始めます。

Apitor Robot Xに付属していたブロック外しは使いにくかったのですが、Apitor Robot Q/Sに付属するものはかなり使いやすくなってました!(ほぼレゴブロックのブロック外しと同じ形です。)

Xだけが違うわけではなく、最近のモノは改良されたのかもです。

私は10分くらいで分解できました。小さなパーツは予め仕分けしておくといいですね。Apitor Robot Qの仕分け

Seriaやダイソーで購入できるSikiriケースが便利ですよ。

組み立て

組み立ては専用アプリの説明書を見ながらおこないます。

完成!

そして、完成したものがこちらです!15分くらいで完成しました。

後ろから見るとこんな感じ。

側面はこんな感じです。

鉄棒に小型ロボがぶら下がってます。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

まあまあコンパクトです。

手動で可動する箇所

手動で可動する箇所は次のとおりです。

  • 小型ロボの脚

脚はブラブラ動きます。

リモコン操縦

リモコン操縦で可動する箇所は次のとおりです。

  • 鉄棒の回転

操縦は専用アプリでおこないます。ゲームのコントローラーのようになっています。

リモコン操縦する様子はこんな感じです。

おおっ、ぐるぐる回転します。ただ、上手く回転させるのは難しいです!

動く部分はこんな感じでして、モーターの回転をギアによって鉄棒の回転へ変換しています。

これも基本的な構造ですね。

サンプルプログラム

プログラムで動作する箇所は次のとおりです。

  • 鉄棒の回転

プログラムを実行するとこんな感じです。

赤外線センサーが近づくと回転スタートの合図です。

そして、カラーセンサーに色ブロックを読み取らせることで鉄棒が動き出します。このとき読み取る色によって回転方向が変わります。

結論:リアルな体操選手の動きを再現するのは難しい

鉄棒をぐるぐる回る様子は面白かったです。ただ、体操選手のような滑らかな動きをさせようと思ったのですが、なかなか思い通りにできませんでした。

「我こそは」という方はぜひチャレンジしてみてください。

また、他の作例のレビュー記事もよろしければどうぞ。

それでは Apitor Robot Qを楽しんでください(^^)/~~~

created by Rinker
Apitor
¥8,415 (2024/06/14 15:51:02時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました