Amazonプライムデーのおすすめ

【ダイソー】プチブロック「恐竜のなかま」1~6をレビュー【第1弾】

4.0
プチブロック恐竜の仲間の袋

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

ハロー・ワールド!おもちゃ大好きエンジニアの大之助( @daivoy_x)です!

以前レビューした「くみたてブロック 恐竜の化石編」は1個100円で恐竜を作れる高コスパなブロック玩具だったのですが、色がベージュ1色だったのがちょっと残念ポイント。

ですが、ダイソーに売ってある「プチブロック 恐竜のなかま」シリーズは1個110円(税込)で、カラフルな恐竜を作れます。

というわけで本記事では、「プチブロック 恐竜のなかま 第1弾」の組み立て方からデメリット・メリットまで詳しくレビューしていきます!

スポンサーリンク

プチブロック「恐竜のなかま」第1弾の基本情報

プチブロック 恐竜のなかま 第1弾」はnanoblockサイズの小さなブロックで恐竜を作れるブロック玩具です。全6種類あります。

商品名 プチブロック 恐竜のなかま 1~6
メーカー ㈱大創産業
ブランド プチブロック
希望小売価格(税込) 各110円(全6種類)
対象年齢 12歳以上
ピース数 ?
難易度 -
作例 全6例

プチブロック「恐竜のなかま」第1弾の内容物

まずは、パッケージから。第1弾は全6種類です。第2弾はこちら

個別のパッケージはこんな感じで、袋入りです。

中身を開けましょう!

内容物一覧です。説明書とブロック一式です。

ぎっしり詰まってます。

説明書は両面印刷です。

プチブロック「恐竜のなかま」第1弾の遊び方・レビュー

組み立て方

組み立ては難しいです。工作に慣れている私ですが、1個あたり30分くらいでした。

説明書はこんな感じで一見わかりやすいのですが、順番通りに組み立てられない箇所があり、説明書を前後しないといけません…。

もう少しなんとかならなかったのかなぁと。

① ティラノサウルス

全6種類をそれぞれ紹介します!

まずは「① ティラノサウルス」です。

ブロックの凹凸の精度は良好です。ゆるかったり、キツかったりしません。

下アゴは可動します。

口の中がちゃんと赤くなっている点は芸細です。

顔の正面から。

側面から。デフォルメされてますが、全体的に特徴はとらえてますね~。

脚を前後に開いてるので、動きがあっていい感じ。

ちなみに、これだけのパーツが余りました。

組み間違えたかな?と思うくらい予備パーツがあります。ちなみに、他の恐竜も同じくらい余ります。

② ブラキオサウルス

「② ブラキオサウルス」です。

首が動きます。

③ プテラノドン

「③ プテラノドン」です。

首と翼が可動します。翼はけっこう柔軟に動きますよ。

④ トリケラトプス

「④ トリケラトプス」です。

頭が可動します。可動範囲は狭めです。

正面から見ても角がカッコいい!

⑤ ステゴサウルス

「⑤ ステゴサウルス」です。

首が可動します。

⑥ スピノサウルス

「⑥ スピノサウルス」です。色も相まって、凶悪な感じです。

下アゴが可動します。あと、前脚も可動しますが、ポロリしやすいです。

全員集合!

全員集合!

カラフルでいいですね~。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

けっこう小さいです。かわいい!

可動箇所

それぞれ記載したとおりです。

プチブロック「恐竜のなかま」用にジオラマ作ってみた

ちょっと雑ではありますが、ジオラマを作って撮影してみました。(タップで拡大します)

100円ショップで買った「ヤシの木×3」、「芝生シート」、「板」で550円です。もうちょっといい感じで作りたいです。

プチブロックとレゴブロック/nanoblockの互換性

結論は、プチブロックとレゴブロック/nanoblockに互換性はありません

nanoblockとかなり近いサイズなのですが、接続することはできませんでした。微妙にサイズが違います。

ちなみに、裏面はこんな感じで、プチブロックはレゴブロックのような構造です。

プチブロック「恐竜のなかま」第1弾の悪い点・デメリット

悪い点・デメリットは下記のとおりです。

  • 構造上崩れやすい
  • 説明書がわかりにくい
  • パーツサイズにムラがある

構造上崩れやすい

パーツ数が少ないので、しっかりした作りじゃないです。あと、ほとんどが1ピンで接続されているので崩れやすいです。

とはいえ、1個100円なので十分すぎるクオリティです。

説明書がわかりにくい

前述しましたが、説明書がわかりにくいです。順番に見ていっても上手く組み立てられません。

逆に言うと、頭を鍛えられます。笑

パーツサイズにムラがある

パーツサイズがぴったりじゃない物もあります。写真の脚のように若干ですが段差があります。

繰り返しですが、100円にしては十分なクオリティです。

プチブロック「恐竜のなかま」第1弾の良い点・メリット

良い点・メリットは下記のとおりです。

  • 低価格
  • 集める楽しさがある
  • 色がカラフルできれい

低価格

1個110円なのはうれしいですね。作っていて楽しかったので、コスパが高く感じました。

パーツ精度も良好だったので、複数買いしてもいいかもです。

集める楽しさがある

本記事では「恐竜のなかま」第1弾を紹介しましたが、記事執筆時点で第2弾もあります。

また、恐竜以外にも幻獣や新幹線などもあるので、ちょっとずつ集めるのにちょうどいいです。

色がカラフルできれい

同じく、100円ブロックの「くみたてブロック 恐竜の化石編」はベージュ1色だったので、プチブロックの方がきれいでいいですね。

プチブロック「恐竜のなかま」第1弾をおすすめできる人

プチブロック 恐竜のなかま 第1弾」は恐竜とブロックが好きで、カラフルでかわいい恐竜を集めたいお子さんにおすすめです。

カラフルできれいですし、同じサイズでたくさんの種類があるので集めたくなりますね~。

結論:カラフルできれいなブロック恐竜

本記事は「プチブロック 恐竜のなかま 第1弾」をレビューをしました。

時間を忘れて組み立てられたので、大人の方にもおすすめです。

また、他の弾は下記よりどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました