Amazonプライムデーのおすすめ

【ダイソー】プチブロック「恐竜のなかま」7~10をレビュー【第2弾】

4.0
プチブロック恐竜の仲間の袋

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

ハロー・ワールド!おもちゃ大好きエンジニアの大之助( @daivoy_x)です!

以前レビューした「プチブロック 恐竜のなかま 第1弾」は1個100円でティラノサウルスやトリケラトプスなどの人気恐竜を作れる高コスパなブロック玩具です。

なんと、その人気シリーズに第2弾が登場しました!

第2弾も有名な恐竜ばかりで、全4種類です。

というわけで本記事では、「プチブロック 恐竜のなかま 第2弾」の組み立て方からデメリット・メリットまで詳しくレビューしていきます!

スポンサーリンク

プチブロック「恐竜のなかま」第2弾の基本情報

プチブロック 恐竜のなかま 第2弾」はnanoblockサイズの小さなブロックで恐竜を作れるブロック玩具です。全4種類あります。

商品名 プチブロック 恐竜のなかま 7~10
メーカー ㈱大創産業
ブランド プチブロック
希望小売価格(税込) 各110円(全4種類)
対象年齢 12歳以上
ピース数 ?
難易度 -
作例 全4例

プチブロック「恐竜のなかま」第2弾の内容物

まずは、パッケージから。第2弾は全4種類です。第1弾はこちら

個別のパッケージはこんな感じで、袋入りです。

中身を開けましょう!

内容物一覧です。説明書とブロック一式です。

ぎっしり詰まってます。

説明書は両面印刷です。

プチブロック「恐竜のなかま」第2弾の遊び方・レビュー

組み立て方

組み立ては難しいです。工作に慣れている私ですが、1個あたり20分くらいでした。

説明書はこんな感じで一見わかりやすいのですが、順番通りに組み立てられない箇所があり、説明書を前後しないといけません…。

もう少しなんとかならなかったのかなぁと。

⑦ ティラノサウルスベビー

全4種類をそれぞれ紹介します!

まずは「⑦ ティラノサウルスベビー」です。

卵の殻をかぶっています。これは固定されておらず乗せているだけです。

下アゴは可動します。

あと、卵の殻を下につけることもできます。

そして、第1弾のティラノサウルスと比較です。

頭の大きさは同じくらいですね~。

⑧ ヴェロキラプトル

「⑧ ヴェロキラプトル」です。水色がきれいです。

首と脚が動くのですが、かなりポロリしやすいです。1ピンで接続されてる箇所が多いので。

「恐竜のなかま」の中では一番ポロリしやすいです。

⑨ アンキロサウルス

「⑨ アンキロサウルス」です。

首と尻尾が可動します。

こちらはしっかりした構造なので安心です。

⑩ モササウルス

「⑩ モササウルス」です。

下アゴと各ヒレが可動します。可動箇所は一番多いです。

ちゃんと口の中が赤くなっているのは芸細です。

全員集合!

全員集合!

カラフルでいいですね~。

第1弾も合わせるとこんな感じ!

おおー!壮観です。どんどんシリーズ化してほしいですね。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

けっこう小さいです。かわいい!

可動箇所

それぞれ記載したとおりです。

プチブロック「恐竜のなかま」用にジオラマ作ってみた

ちょっと雑ではありますが、ジオラマを作って撮影してみました。(タップで拡大します)

100円ショップで買った「ヤシの木×3」、「芝生シート」、「板」で550円です。もうちょっといい感じで作りたいです。

プチブロック「恐竜のなかま」第2弾の悪い点・デメリット

悪い点・デメリットは第1弾と同じです。

プチブロック「恐竜のなかま」第2弾の良い点・メリット

良い点・メリットは第1弾と同じです。

プチブロック「恐竜のなかま」第2弾をおすすめできる人

プチブロック 恐竜のなかま 第2弾」は恐竜とブロックが好きで、カラフルでかわいい恐竜を集めたいお子さんにおすすめです。

カラフルできれいですし、同じサイズでたくさんの種類があるので集めたくなりますね~。

結論:カラフルできれいなブロック恐竜

本記事は「プチブロック 恐竜のなかま 第2弾」をレビューをしました。

同じデザインと大きさでシリーズ化されているので集めたくなりますね~。第3弾にも期待です!

また、有名ブロックブランドのティラノサウルスは下記の記事で比較しています。あわせてどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました