Amazon新生活セールのおすすめ

【完全無料】プログラミング教育のおすすめ教材3選【使い方も解説】

【完全無料】プログラミング教育のおすすめ教材3選【使い方も解説】

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

プログラミング教育に使える教材で無料のものはないかな?できれば使い方も教えてほしいな。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • 【完全無料】プログラミング教育のおすすめ教材3選【使い方も解説】

私は大手メーカーでソフトウェアエンジニアを6年以上経験していまして、おすすめするプログラミング教材はすべて体験しました。

そんな私がエンジニア目線で解説します。

スポンサーリンク

【完全無料】プログラミング教育のおすすめ教材3選【使い方も解説】

厳選した3つのプログラミング教材を紹介します。

サービス名 対象年齢 プログラミング方法 プログラミング方法
の解説
作れるプログラムの
自由度
デバイス インターネット接続
パソコン タブレット スマホ ブラウザ
Blockly Gamesブロックリーゲーム 記載なし ・ビジュアル
・テキスト(JavaScript)
チュートリアルあり 【オフライン】
Windowsは簡易動作確認済み

【オンライン】
ブラウザ
【オフライン】
未確認

【オンライン】
ブラウザ
Google Chrome/Firefox/
Microsoft Edge/Safari
(上記は簡易動作確認済み)
初回のみ必須。
以降はオンライン/オフライン可
Microsoft MakeCode
for micro:bitフォー マイクロビットマイクロソフト メイクコード
記載なし ・ビジュアル
・テキスト(JavaScript/Python)
チュートリアルあり 【オフライン】
Windows

【オンライン】
Windows/macOS/Chrome OS
【オフライン】
不可

【オンライン】
Android/iOS
Google Chrome/Firefox/
Microsoft Edge/Safari
初回のみ必須。
以降はオンライン/オフライン可
Scratchスクラッチ 8~16歳 ビジュアル チュートリアルあり 【オフライン】
Windows/macOS/Chrome OS

【オンライン】
ブラウザ
【オフライン】
Android

【オンライン】
ブラウザ
不可 Google Chrome/Firefox/
Microsoft Edge/Safari
初回のみ必須。
以降はオンライン/オフライン可

では、具体的に紹介していきますね。

Blockly Games

Blockly Gamesブロックリーゲーム」はGoogleが提供するゲームを攻略するためにブロック型の命令を組み立ててプログラミングするビジュアルタイプのプログラミング教材です。ゲームは全部で8種類あります。

Blockly Gamesブロックリーゲーム」は作りたいプログラムや作品は無いけどプログラミングを体験してみたいお子さんにおすすめです。

「どうぞ好きにプログラミングしてください!」と言われるよりも、問題が与えられてそれを解決するためにプログラミングするほうが初心者には入りやすいかなと。

Blockly Gamesブロックリーゲームの公式サイトはこちら

Blockly Gamesはインターネットに接続して遊ぶ方法(オンライン)とインターネットに接続しないで遊ぶ方法(オフライン)があります。

オンラインでもオフラインでもWEBブラウザを使用します。
図にすると次のとおりです。

▼オンライン:インターネットに接続して遊ぶ場合

▼オフライン:インターネットに接続しないで遊ぶ場合

オフラインで遊ぶ場合は専用ソフトをダウンロードする際にインターネット接続が必要です。その後はインターネットに接続する必要はありません。
オフライン版はWindows PCでしか確認していませんが、htmlファイルが開ければ他のPCでも使えそうです。
オフラインで使えるので、安心してお子さんの勉強に使えますね。

遊び方

ゲームは全部で8種類です。

  • パズル
  • 迷路
  • タートル
  • 動画
  • 音楽
  • ポンド・チューター
  • ポンド

特に迷路と鳥とタートルはプログラムの基本処理が学べます

なので、この3つを詳しく紹介しますね。

★迷路はスタート地点からゴール地点まで進むようにプログラミングするゲームです。

このゲームでプログラムの基本処理(順次処理、分岐処理、反復処理)がすべて登場するので、プログラミングの基本を体験することができます

基本的にどのゲームもレベル1~レベル10まで問題があります。
レベル10の問題はちょっと悩みました。

★鳥は虫を捕まえて巣まで戻るようにプログラミングするゲームです。

迷路と違って「虫を捕まえる」という条件がついた分だけ難易度が上がってます。

プログラムの条件に数式が加わるので算数の勉強にもなりますよ。

★タートルは指定された絵を描くためにプログラミングするゲームです。

うっすらと写っている黄色い星が描きたい絵です。

タートルという名前は絵を描くスピードを遅くしたり速くしたりすることに由来しているようです。

このゲームではプログラミングの基本である反復処理を深掘りします。

反復処理の中に反復処理があってけっこう頭を使いますよ。

プログラミング方法の解説

Blockly Gamesは1問目から順番に解いていけば必要な内容が身につくように設計されています

また、問題によってはヒントや説明もあるのでプログラミング初心者でも十分楽しめるでしょう。

作れるプログラムの自由度

自由度は低いです。なぜなら、ゲームをクリアするためにプログラミングするからです。自由に作品を作ることはできません。

動画と音楽は自由に作ることができます。
ですが、「どうぞ好きにプログラミングしてください!」と言われるよりも、問題が与えられてそれを解決するためにプログラミングするほうが初心者には入りやすいかなと。

作りたいプログラムは無いけどプログラミングを体験してみたいお子さんにおすすめです。

特徴

Blockly Gamesはブロックで作ったプログラムをJavaScriptジャバスクリプトに変換することができます。

このようにゲームをクリアすると作ったプログラムをJavaScriptに変換して表示されます。

JavaScriptはエンジニアも使っているプログラミング言語なので、それをゲーム感覚で学習できるのは将来のためになりますね。

また、ポンド・チューターとポンドはブロックプログラミングだけでなく、JavaScriptによるプログラミングも含まれています。

なので、初心者用のプログラミングから本格的なプログラミングまで学習できますよ。

関連Blockly Gamesブロックリーゲーム」の詳細レビューはこちら

Microsoft MakeCode for micro:bit

Microsoft MakeCode for micro:bitマイクロソフト メイクコード フォー マイクロビット」とは教育向けマイクロコンピューター(マイコン)の「micro:bitマイクロビット」をプログラミングするための統合開発環境です。

統合開発環境とはプログラムを作ったり書き込んだりするために必要なものが色々セットになっているソフトウェアだと思ってもらえればいいです。
micro:bitマイクロビットとは手のひらサイズのマイクロコンピューター(マイコン)です。マイコンロボット工作セットのマイクロビット
micro:bitを持っていなくてもシミュレーション機能を使えば十分にプログラミング学習ができますよ。

Microsoft MakeCode for micro:bitマイクロソフト メイクコード フォー マイクロビットの公式サイトはこちら

Microsoft MakeCode for micro:bitはインターネットに接続して遊ぶ方法(オンライン)とインターネットに接続しないで遊ぶ方法(オフライン)があります。

オンラインではWEBブラウザを使用し、オフラインでは専用アプリを使用します。
図にすると次のとおりです。

▼オンライン:インターネットに接続して遊ぶ場合

▼オフライン:インターネットに接続しないで遊ぶ場合

オフラインで遊ぶ場合は専用アプリをダウンロードする際にインターネット接続が必要です。その後はインターネットに接続する必要はありません。
オフラインで使えるので、安心してお子さんの勉強に使えますね。

遊び方

Microsoft MakeCode for micro:bitマイクロソフト メイクコード フォー マイクロビットの基本的な遊び方は「micro:bitを動かすためにプログラミングする」ということです。

micro:bitは手のひらサイズのマイクロコンピューター(マイコン)で、LEDディスプレイがあったり、端子に接続したモーターやセンサーを制御できたりします。マイコンロボット工作セットのマイクロビット

加速度センサーを利用して万歩計を作ったり、押したボタンに応じてLEDの表示内容を変えたり、けっこう色々なことができますよ。

プログラミング方法は簡単でブロックを組み立てるようにプログラミングするビジュアルタイプのプログラミングソフトです。

プログラミング方法の解説

Microsoft MakeCodeマイクロソフト メイクコードには教材にあたる「チュートリアル」が少しだけあります。

内容としては「こういう事ができるよ」と言う説明ですね。LEDを表示させる方法だったり、ボタンを押したときの動作だったりです。

ほとんどのチュートリアルは動画が用意されています。また、基本のチュートリアルは「ブロック」、「Python」、「JavaScript」の3種類があります。

動画による説明はすべて英語です。さらにライブ配信の動画で結構長いので、好みにあわせてご活用ください。

チュートリアルを開始すると「目的(作るもの)」が表示されます。

最初に目的(作るもの)が示されるので、何をすればいいのかわかるのはいいですね。

ですが残念ながら、説明はすべて英語です。

拡大するとこんな感じです。

ただ、「ヒントマーク」をクリックすると図による説明があります。

図だけでもなんとなくわかるのでそんなに問題は無いかなと。

あと、使用しない命令ブロックは表示されないので、迷う心配がありません。

また、このソフトでプログラミングするmicro:bitは子供向けプログラミング教材として超有名なので、ネットに情報が沢山ありますし、書籍も販売されていますので、勉強しやすい教材と言えるでしょう。

作れるプログラムの自由度

自由度は高いです。micro:bitは色々な機能があるので、色々な機能を使ったプログラムが作れます。

実物のmicro:bitを持っていなくても、シミュレーション機能が充実しているので十分にプログラミング学習ができます。

それにプログラムを作ったらその場で反映されるので動作を確認しながらプログラミング学習ができるのは便利でいいですよ。

ボタンを押したときの動作や本体を傾けたときの動作もシミュレーションできるので高機能です。

特徴

Microsoft MakeCode for micro:bitマイクロソフト メイクコード フォー マイクロビットには次の2つの特徴があります。

  • ビジュアルだけでなくテキスト(JavaScriptジャバスクリプトPythonパイソン)でプログラミング可能
  • プログラミング対象のmicro:bitは色々なロボットに搭載できる

Microsoft MakeCode for micro:bitはビジュアルプログラミングの他にJavaScriptやPythonといったエンジニアも使っているプログラミング言語でプログラミングをすることができます。

上部中央の切り替えボタンをクリックすると

JavaScriptや、

Pythonに切り替わります!

もちろん、ブロックをクリックするとブロックに変換できます。

そして、このソフトでプログラミングするmicro:bitマイクロビットはマイクロコンピューター(マイコン)なので、色々なロボットに搭載してロボットを動かすことができます。

マイクロコンピュータ(マイコン)とはロボットの頭脳にあたる計算をする部品です。これがないとロボットは動かないですし、プログラミングもできません。

具体的には以前レビューした「マイコンロボット工作セット (クローラータイプ)」があります。マイコンロボット工作セットの前

参考:【マイクロビット付属】マイコンロボット工作セットをレビュー

ロボットを動かす手順は次のとおりです。

  1. Microsoft MakeCode for micro:bitでロボット用のプログラムを作る
  2. 作ったプログラムをmicro:bitに書き込む
  3. micro:bitをロボットに搭載する
  4. ロボットの電源をONにする

上記のとおりです。

Scratchスクラッチの様にPC上で動作するゲームやアニメーションを作るのもいいですが、実際に目の前で動くロボットを作るのも楽しいですよ。

関連Microsoft MakeCodeマイクロソフト メイクコード for micro:bitマイクロビット」の詳細レビューはこちら

Scratch

Scratchスクラッチ」とはブロックを組み立てるようにプログラムを作ることができるプログラミング言語です。そして作った作品を共有することができるオンラインコミュニティでもあります。

プログラミング言語とは人間がコンピューターに命令を出すときの言葉(文法)です。

Scratchスクラッチの公式サイトはこちら

Scratchはインターネットに接続して遊ぶ方法(オンライン)とインターネットに接続しないで遊ぶ方法(オフライン)があります。

オンラインではWEBブラウザを使用し、オフラインでは専用アプリを使用します。
図にすると次のとおりです。

▼オンライン:インターネットに接続して遊ぶ場合Scratchを遊ぶ環境

▼オフライン:インターネットに接続しないで遊ぶ場合Scratchを遊ぶ環境

オフラインで遊ぶ場合は専用アプリをダウンロードする際にインターネット接続が必要です。その後はインターネットに接続する必要はありません。
オフラインでも使えるので、安心してお子さんの勉強に使えますね。

遊び方

Scratchの基本的な遊び方は「スプライト(イラスト)を動かすためにプログラミングする」ということです。これを認識しておくとScratchを理解しやすくなります。

なので、昔懐かしのブロック崩しのようなゲームを作ろうと思ったら、ボールとバーのスプライトを追加して、それぞれの動きをプログラミングします。

ボールは画面の端に着いたら跳ね返るプログラムとバーに触れたら180度向きを変えて動くプログラムを作ります。

一方、バーはマウスの動きに連動して動くプログラムを作ります。

これらのプログラムを同時に実行することでブロック崩しのようなゲームを作ることができます。

スプライトそれぞれをプログラミングするという考え方はプログラムを作るときにわかりやすいですね。他のプログラミング言語だとこうはいきません。

プログラミング方法の解説

Scratchには教材にあたる「チュートリアル」が少しだけあります。

内容としては「こういう事ができるよ」と言う説明ですね。スプライトを動かす方法だったり、クリックに反応する方法だったりです。

チュートリアルは全て動画で説明されています。

拡大するとこんな感じです。

ほとんどの動画は日本語音声/日本語字幕なのですが、一部、英語音声/英語字幕のものがあります。ですが、動画をみていたらなんとなくわかるのでそんなに問題は無いかもです。

あと、Scratchは子供向けプログラミング教材として超有名なので、ネットに情報が沢山ありますし、書籍も販売されていますので、勉強しやすい教材と言えるでしょう。

作れるプログラムの自由度

自由度は高いです。アニメーションやゲームなどのPCやタブレット上で動作するプログラムが色々作れます。

そして、作った作品はコミュニティ上で共有することができますし、他人が作った作品を遊ぶことができます。

自分が作った作品を他の人に遊んでもらえると嬉しいので、プログラミングを学習するモチベーションが上がりますよ。

特徴

Scratchはプログラミング言語なので、Scratchのサイトでプログラムを作るだけでなく、色々なモノのプログラムを作ることができます。

プログラミング言語とは人間がコンピューターに命令を出すときの言葉です。なので、その言葉を理解できるロボットであればプログラミングができます

つまり、Scratchを勉強しておけば別のモノをプログラミングするときに、知識や経験を直接活かせるということです。

なので、どの教材でプログラミング学習をするか悩んでいるお子さんにおすすめですよ。

具体的にScratchでプログラミングできるロボットは次のとおりです。

特にレゴブースト クリエイティブ・ボックスは有名ですね。レゴブーストの概要

すべてのロボットをレビューしているので見逃したくない方はあわせてご覧くださいm(_ _)m

【注意点有】レゴでプログラミング!レゴブーストの口コミ・レビュー
「レゴブースト クリエイティブ・ボックス」はレゴブロックで作ったロボットをプログラミングして動かせるおもちゃです。説明書の作例だけでなく、自由な発想で作品を作ることができますよ。
【斬新】無線接続のブロックおもちゃ「キューブロイド」をレビュー
「CUBROID(キューブロイド)」はブロックタイプのプログラミングおもちゃで、それぞれのブロックが無線通信で連携する、斬新なロボットです。無料教材も豊富なので自宅学習に向いてます。
【入門に最適】アーテックのスタディーノライトで遊ぼうのレビュー
「Studuino Lite(スタディーノライト)であそぼう!はじめてのプログラミング工作」は初心者でもわかりやすいテキストが付属するので、お子さんだけで黙々とプログラミング学習ができます。
【エンジニア目線】ユカイ工学のパチパチブロックキットのレビュー
「ユカイなパチパチブロックキット」はブロックを組み立ててロボットを作るプログラミングおもちゃです。全部で8種類の作例があります。
【高機能】mBot2の使い方やプログラミング方法をレビュー
「mBot2(エムボット2)」は13種類のセンサー類を搭載している高機能なプログラミングおもちゃです。さらに、ScratchとPythonでプログラミングできるので初心者から上級者まで楽しめます。

関連Scratchスクラッチ」の詳細レビューはこちら

【完全無料】プログラミング教育のおすすめ教材3選【使い方も解説】のまとめ

色々比較しましたが、結局どれを選べばいいか迷いますよね。なので、簡単にまとめると次のとおりです。

上記のとおりです。

どれも完全無料なので、気軽に挑戦してみてはどうでしょうか?

また、どの教材もエンジニア目線でレビュー記事を書きましたので、そちらもあわせて御覧ください。m(_ _)m

きっとプログラミング的思考力を身につけるのに役立ちますよ。

それではプログラミングを楽しんでください(^_^)/~

【手軽】ブロックリーゲームはゲーム感覚でプログラミング学習が可能
「Blockly Games(ブロックリーゲーム)」はゲームを解くためにプログラミングしていくタイプの教材です。作りたいものは無いけどプログラミングに挑戦してみたい人にオススメです。
【初心者向け】MakeCodeとは?使い方を解説【高機能な教材】
「Microsoft MakeCode for micro:bit」はmicro:bitをプログラミングするためのソフトです。ビジュアルだけでなくJavaScriptやPythonでもプログラミングできるので本格的な学習に最適です。
【初心者向け】Scratchとは?使い方から考え方まで詳しく解説
「Scratch(スクラッチ)」はビジュアルプログラミングの王道教材です。ゲームや動画など気軽に作ることができますし、Scratchでプログラミングできるロボット教材も多数あります。
タイトルとURLをコピーしました