Amazonプライムデーのおすすめ

【初心者向け】MakeCodeとは?使い方を解説【高機能な教材】

【初心者向け】MakeCodeとは?使い方を解説【高機能な教材】

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

ハロー・ワールド!おもちゃ大好きエンジニアの大之助( @daivoy_x)です!

子供向けプログラミング教材で有名なMicrosoft MakeCodeマイクロソフト メイクコードをご存知でしょうか?

「Microsoft MakeCode」はビジュアルプログラミングやテキストプログラミング(JavaScripジャバスクリプトtとPythonパイソン)ができる教育向けのプログラミングソフトです。

今回はその中でも、「micro:bitマイクロビット」というマイクロコンピューター(マイコン)をプログラミングできるバージョンの「Microsoft MakeCodeマイクロソフト メイクコード for micro:bitマイクロビット」を紹介します。

教育向けに作られていて初心者にもわかりやすいですし、細かいプログラミングもできるのでプログラミング学習におすすめですよ。

というわけで本記事では「Microsoft MakeCodeマイクロソフト メイクコード for micro:bitマイクロビットとはなにか?から、使い方作れるプログラムについてエンジニア目線で紹介していきます!

メリット
  • 完全無料
  • シミュレーション機能が便利
  • ブロック↔テキストを瞬時に変換可能
  • デバッグがしやすい
  • 高度なプログラミングが可能
  • 色々なロボットに使われている
デメリット
  • 関数の使い方が少しわかりにくい
  • プログラムの編集画面を分割不可
  • チュートリアルは英語のみ
スポンサーリンク

MakeCodeとは?MakeCodeの基本情報

Microsoft MakeCodeマイクロソフト メイクコード for micro:bitマイクロビット」とは教育向けマイクロコンピューター(マイコン)の「micro:bitマイクロビット」をプログラミングするための統合開発環境です。

統合開発環境とはプログラムを作ったり書き込んだりするために必要なものが色々セットになっているソフトウェアだと思ってもらえればいいです。
商品名 Microsoft MakeCode for micro:bitマイクロソフト メイクコード フォー マイクロビット
メーカー Microsoft Corp.
ブランド Microsoft MakeCode
希望小売価格(税込) 無料
対象年齢 記載なし
可能な基本処理 順次/分岐/反復
教材 チュートリアルあり
デバイス パソコン 【オフライン】Windows
【オンライン】Windows/macOS/Chrome OS
タブレット 【オフライン】Android/iOS
【オンライン】Android/iOS(※書き込み不可)
スマホ 【オフライン】Android/iOS
【オンライン】Android/iOS(※書き込み不可)
ブラウザ Google Chrome/Microsoft Edge/Firefox/Safari
インターネット接続 初回のみ必須。以降はオンライン/オフライン可
プログラミング方法 ・ビジュアルプログラミング(ブロックを組み立てるタイプ)
・テキストプログラミング
プログラミングソフト ・Microsoft MakeCode for micro:bit
・micro:bit
プログラミング言語 ・ビジュアル:オリジナル
・テキスト:JavaScript/Python
作れるプログラム micro:bitのプログラム

この教材でできること

できることは下記のような「micro:bitを動かすためのプログラミング」です。

  • LEDを点灯させる
  • マイクで騒音を検知する
  • 温度センサーを使って温度計を作る
  • 接続したモーターを動かす

しかも、このソフトにはシミュレーション機能があるので、micro:bitを持ってなくても十分にプログラミング学習ができますよ。

この教材で遊ぶときの環境

この教材で遊ぶときはWEBブラウザを使ってオンラインでプログラミングする方法とデバイスにアプリをダウンロードしてオフラインでプログラミングする方法があります。

▼オフライン:アプリをダウンロードして遊ぶ場合

▼オンライン:公式サイトにアクセスして遊ぶ場合

タブレット/スマホでプログラムの作成・保存はできますが、micro:bitに書き込めません。オフライン用のアプリを利用しましょう。
オフラインで使えるので、安心してお子さんの勉強に使えますね。

MakeCodeの使い方

早速、どんな感じでプログラム作るのか紹介しますね。

画面構成~画面の見方を知ろう!~

まず、画面構成はこんな感じで、3つのエリアに分かれています。

中央にはプログラムを作るための「命令ブロック」があります。この命令ブロックをつなげてプログラムを作ります。

ブロックの形をみればどこにくっつければいいかわかるようになっています。

右側が「編集」エリアです。ここにブロックを置いてプログラムを作ります。

左側には「シミュレーション」エリアがあります。作ったプログラムの動作を確認することができます。

micro:bitについているボタンもシミュレーションで再現できます。

実物のmicro:bitを持っていなくてもシミュレーションだけで十分にプログラミングの学習ができますよ。

MakeCodeのデメリット

私が感じたデメリットは次のとおりです。

  • 関数の使い方が少しわかりにくい
  • 編集画面を分けることができない
  • チュートリアルは英語のみ
  • 日本語に対応していない命令ブロックがある

詳しく解説します。

関数の使い方が少しわかりにくい

関数(オリジナルの命令ブロック)を作る機能がありますが、その使い方が少しわかりにくかったですし、チュートリアルも見つけられませんでした。

関数の使い方はこちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。(編集中です。)

編集画面を分けることができない

プログラムは1つの編集画面で作ります。

なので、プログラムが複雑になると一つの編集画面にたくさんの命令ブロックが並びます

プログラムが複雑になればなるほどわかりにくくなって、不具合を混入させる確率が高まるのはデメリットですね~。

レゴブーストのアプリは関数の画面が切り替わるのでスッキリしてわかりやすかったです。

チュートリアルは英語のみ

先程も紹介しましたが、チュートリアルが英語のみなのはちょっと残念ですね。

ビデオも文字による説明も英語なので英語が苦手な私には大変です。。。

ただ、図やアニメーションをみていると何となく分かるのでそんなに問題は無いかもです。

日本語に対応していない命令ブロックがある

一部の命令ブロックは日本語に対応していません

I2C通信の命令ブロックの一部が英語のみです。ただ、結構高度なプログラミングなので初心者に影響は無いかなと。

MakeCodeのメリット

私がエンジニア目線でいいなと思ったところは次のとおりです。

  • チュートリアルが豊富
  • シミュレーション機能が便利
  • ブロック↔テキストを瞬時に変換可能
  • デバッグがしやすい
  • 高度なプログラミングが可能
  • 色々なプログラミングおもちゃに使われている

それぞれ解説します。

チュートリアルが豊富

チュートリアル(使い方説明)が豊富なのもうれしい点です。

基本のチュートリアルは「ブロック」、「Python」、「JavaScript」の3種類があるのでどの段階のお子さんでも一人で黙々と学習できます。

シミュレーション機能が便利

シミュレーション機能があるのは素晴らしいです。

なぜなら、実物のmicro:bitを持っていなくてもプログラミング学習ができるからです。

それにプログラムを作ったらその場で反映されるので動作を確認しながらプログラミング学習ができるのはいいですよ。

ボタンを押したときの動作や本体を傾けたときの動作もシミュレーションできるので高機能です。

ブロック↔テキストを瞬時に変換可能

ビジュアル(ブロック)プログラミングとテキスト(JavaScript/Python)プログラミングを瞬時に切り替えることができます。

ただ、この機能はオンライン版でしか使用できません。

切り替えるには上部中央の切り替えボタンをクリックします。

拡大するとこんな感じです。[JavaScript]をクリックすると、

JavaScriptに切り替わりました!

そして、[Python]をクリックすると、

Pythonに切り替わります!

もちろん、ブロックをクリックするとブロックに変換できます。
JavaScriptもPythonもエンジニアが使っているプログラミング言語なので、将来のために触れておいて損は無いですよ。

デバッグがしやすい

デバッグをするために変数をリアルタイムで表示したり、ステップ実行ができて便利です!

デバッグとは不具合(バグ)を取り除く作業です。プログラムのどこが悪いかなぁ~と考える作業とも言えます。

デバッグをするには[デバッグモードの切り替え]をクリックします。

すると中央に[→Step]と書かれたボタンや変数が表示されます。

この[→Step]ボタンはプログラムを1行ずつ実行するボタンです。そして、変数欄には実行しているプログラムの変数の変化がリアルタイムで表示されます。

[→Step]をクリックする度にプログラムを1行ずつ実行(ステップ実行)できるので、どこまでは想定通りの動作で、どこからは想定とは違う動作なのか確認できます。

プログラムの動作を理解しながらプログラミングできるので、学習がしやすいですよ。

変数もステップ実行する度に変わるので、不具合が見つけやすいです。

Scratchにはデバッグモードが無かったので、この点はMicrosoft MakeCodeの方がいいですね。

高度なプログラミングが可能

micro:bitに接続したモーターやセンサーを動かすために少し高度なプログラミングができます。

シリアル通信を使えばmicro:bitのセンサー値などをパソコン(PC)に送信して表示することもできます。

micro:bitは機能が豊富なのでプログラミング学習にはいいですね。

色々なプログラミングおもちゃに使われている

今回のソフトでプログラミングするmicro:bitマイクロビットはマイクロコンピューター(マイコン)なので、色々なロボットに搭載してロボットを動かすことができます。

マイクロコンピュータ(マイコン)とはロボットの頭脳にあたる計算をする部品です。これがないとロボットは動かないですし、プログラミングもできません。

micro:bitのボタンを押してLEDを表示させるだけでも楽しめますが、ロボットを制御するためのプログラムを作るのは楽しいので、プログラミング学習のモチベーションも上がっていいですよ。

micro:bitを使うロボット

では、具体的にmicro:bitを使うロボットを紹介します。

例えば、以前レビューした「マイコンロボット工作セット (クローラータイプ)」があります。マイコンロボット工作セットの前

関連「マイコンロボット工作セット(クローラータイプ)」の詳細レビューはこちら

ロボットを動かす手順は次のとおりです。

  1. Microsoft MakeCode for micro:bitでロボット用のプログラムを作る
  2. 作ったプログラムをmicro:bitに書き込む
  3. micro:bitをロボットに搭載する
  4. ロボットの電源をONにする

Scratchの様にPC上で動作するゲームやアニメーションを作るのもいいですが、実際に目の前で動くロボットを作るのも楽しいですよ。

MakeCodeをおすすめできる人

Microsoft MakeCodeマイクロソフト メイクコード for micro:bitマイクロビット」はプログラミング初心者だけど長期的にプログラミングを学習したいお子さんににおすすめです。

micro:bitマイクロビットを持っていなくてもシミュレーションだけで十分にプログラミングの学習になります

それに、ブロックタイプのビジュアルプログラミングだけでなく、JavaScriptやPythonといった現役エンジニアが使用しているプログラミング言語を使えるので、クラスの子に差をつけられますよ。

まとめ:MakeCodeでプログラミングを始めよう!

本記事は「Microsoft MakeCodeマイクロソフト メイクコード for micro:bitマイクロビット」をエンジニア目線で紹介しました。

micro:bitマイクロビットは子供向けプログラミング教材なので色々な機能が手軽に使えるように作られているのが素晴らしいです!しかも無料で!

下記にmicro:bitの使い方をまとめているので、あわせてご覧ください。

これからの時代、プログラミングは必須スキルです。ぜひ、お子さんが子供の頃からプログラミングを体験させてあげてくださいね。

メリット
  • 完全無料
  • シミュレーション機能が便利
  • ブロック↔テキストを瞬時に変換可能
  • デバッグがしやすい
  • 高度なプログラミングが可能
  • 色々なロボットに使われている
デメリット
  • 関数の使い方が少しわかりにくい
  • プログラムの編集画面を分割不可
  • チュートリアルは英語のみ

▼おすすめプログラミングおもちゃまとめ(年齢別)

タイトルとURLをコピーしました