くみくみスロープを買って後悔したことまとめ【結論は最高です】

くみくみスロープを買って後悔したことまとめ【結論は最高です】

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

くみくみスロープを買って後悔したことがあれば知りたいな。買ってから後悔したくないので、デメリットがあれば事前に教えてください。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • くみくみスロープを買って後悔したことまとめ
  • くみくみスロープを買って良かったことまとめ

くみくみスロープには全4種類があり、それらを全部遊んでみた結果、デメリットがわかりました。

また、ネット上には「ちょっとイマイチ・・・」という口コミもありました。

というわけで、実際に私が感じたデメリットと口コミをまとめたので、後悔しないように活用くださいm(_ _)m

 参考:【作例集が豊富】くみくみスロープの口コミ・レビュー【定番商品】

スポンサーリンク

くみくみスロープを買って後悔したことまとめ

後悔したこと・デメリットは次のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

① パーツをはめる/はずすのに力が必要

パーツをはめるときとはずすときにけっこう力が必要なので、特に3、4歳のお子さんには難しいという口コミが多いです。

ただ、類似の「ブロックタワーボール」や「ビー玉スロープ」を遊んでみると、パーツが緩すぎてコースがすぐに崩れたので、それはそれで問題です。

NEWくみくみスロープは遊んでいるうちにパーツが緩くなるので、実はちょうどいい固さなんです。

「少し回転させながらはめてみたら~」とヒントを出してあげるといい勉強になります。

② ボールを転がす音がうるさい

ボールを一度にたくさん転がすと「うるさい」です。そういう口コミもありますね。

音がどんなもんか動画で確認ください。(実際はもっと大きいです。マイクの性能が悪くて…)

数個ならけっこう心地良い音なのですが、付属のボールをすべて転がすと「うるさい」ですね~。

なので、「ボールを1個ずつ転がしてボールがどういう動きになるか観察しよう!」という風に遊べばいいですよ。

③ ジャンプの調整が難しい

これは「たっぷり100」と「ジャンプ&大車輪セット」に付属するジャンプパーツの話です。

ジャンプしたボールを上手にキャッチするのが難しいんですよね。くみくみスロープたっぷり100のジャンプ台

作例通りに作ったのですが、受け皿の調整を上手にしないといけないので、小さなお子さんだと難しいかもです。

逆に言えば、それのおかげで距離感覚が身についたり、試行錯誤する力や集中力が養えるので、知育効果は高いですよ。

④ パーツの色が部屋になじまない

パーツがカラフルでハッキリした色なので部屋になじまないという口コミがいくつかありました。インスタとか見てるとおしゃれな知育玩具を載せてる方がけっこういますよね。

とはいえ、パーツがこんなにカラフルなのには意味がありまして、理由は説明書の作例を真似しやすくするためです。

説明書の作例を見ると「青の上は緑で、その上は赤で・・・」とわかりやすいですよね?NEWくみくみスロープの説明書

これのおかげで、小さなお子さんでも組み立てやすくなってるんです。よく考えられてますね~。

⑤ パーツ数が物足りなく感じる

通常版のNEWくみくみスロープだとパーツ数が少なくてすぐに物足りなく感じるようです。

パーツ数を比べると次の通り。

  • 通常版:17種類 計57個
  • たっぷり100:30種類 計100個

ボリュームアップセット」や「ジャンプ&大車輪セット」のような拡張セットもあるのですが、追加購入すると結局高くつくので、最初から「たっぷり100」を買っておくと安心かもですね。

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥8,292 (2024/02/26 13:51:00時点 Amazon調べ-詳細)

くみくみスロープを買って良かったことまとめ

実は、デメリットよりもメリットの方が大きいのであわせて紹介します。

良かったこと・メリットは次のとおりです。

順番に説明しますね。

① 作例が豊富なのでステップアップ可能

全部で作例が34作品あります。ブロックおもちゃでこれは多いです!くみくみスロープたっぷり100の説明書

少ないパーツ数で作れるものから全てのパーツを使うものまで幅広く載っています。

なので、お子さんの成長を感じられますよ。

② パーツを買い足せる

このシリーズには追加パーツセットの「ボリュームアップセット」と「ジャンプ&大車輪セット」があるので拡張してずっと遊び続けられますよ。

▼ボリュームアップセットボリュームアップセットの内容物

▼ジャンプ&大車輪セットジャンプ&大車輪セットの内容物

また、一部のパーツはくもん出版のオンライショップで販売されているので、パーツが足りなくなってお子さんが飽きてしまったときは気軽に買い足せます。

詳しくは下記の記事をどうぞ。

③ ちょうどいい価格

これは「ボリュームアップセット」の話です。

全部で14個のパーツが付属し、1,980円なので、1個あたり約140円です。ボリュームアップセットの内容物

それに、実売価格だと1個100円くらいです。

お菓子1個分の値段でおもちゃを買えると考えたら安いですよね。

④ ジャンプパーツが知育にいい

繰り返しですが、ジャンプパーツの調整が難しい分、知育効果が高いです。くみくみスロープたっぷり100のジャンプ台

また、迫力のあるコースが作れるので、飽きずに長く遊べますよ。

⑤ 指先の知育にいい

前述したとおり、パーツをはめるときと、はずすときに力が必要です。

これは言い換えると指先の知育になるということです。

どうやったら簡単にはめられるか?はずせるか?と考えると思考力も鍛えられます。

⑥ 集中力が養える

NEWくみくみスロープはコースを組み立ててボールを転がすだけのシンプルなおもちゃなので、簡単に達成感を味わえて集中力が長続きします。NEWくみくみスロープの15ピースの作例

作ってはボールを転がし、ちょっと大きくしてはボールを転がし…を繰り返すと子供がいつの間にか30分以上も集中しているなんてこともあるようです。

⑦ 忍耐力が養える

間違ってパーツを組み立てるとボールが転がりません。期待する動きになるように何度も作り直すことで忍耐力が養われます。

すぐに癇癪を起こしてしまったり、飽きやすいお子さんの知育に向いていますよ。

⑧ お子さんの創造力を発揮できる

NEWくみくみスロープはパーツを自由に組み合わせることができるのでお子さんの創造力を発揮できますよ。

下記のように凄い作品を作っている方もいらっしゃいます。

▼パーツを階段状にした大きな作品です。こんなこと私には思いつきません。

▼こちらは自分の身長より高い作品です。

▼こちらも上にどんどん積み上げている作品です。上下に伸ばせるのがくみくみスロープの良さですね~。

自由に色々なコースを作れるNEWくみくみスロープならお子さんの創造力を養えますね。

これからは色んな仕事がAIに奪われる時代です。なので、AIに負けないために小さい頃から創造力を養っておきたいですね。

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥3,818 (2024/02/26 15:04:16時点 Amazon調べ-詳細)

くみくみスロープを類似品と比べたら・・・

最後に、NEWくみくみスロープを類似品と比べてみてわかったことを紹介します。

それは、「玉転がしおもちゃなら、NEWくみくみスロープを買っとけば間違いなし!」ということです。

詳しくは「くみくみスロープの類似品(キュボロ/クアドリラ/マグビルド)を比較」に書いていますが、NEWくみくみスロープは他の玉転がしおもちゃに比べて「品質が良くて安い」んですよね。

安いけどパーツの精度がイマイチでちゃんと組み立てられなかったり、高いけどパーツ数が少なかったりするおもちゃがほとんどでした。

なので、もし玉転がしおもちゃが気になってるなら、「NEWくみくみスロープ」が鉄板です!

それでは、NEWくみくみスロープを楽しんでください(^_^)/~

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥3,818 (2024/02/26 15:04:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥8,292 (2024/02/26 13:51:00時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥1,736 (2024/02/26 18:00:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)
¥2,436 (2024/02/26 15:49:56時点 Amazon調べ-詳細)
本記事があなたのお役に立てましたら、ブックマークをお願いしますm(_ _)m
タイトルとURLをコピーしました