【特殊】ScratchのプログラムをPythonに変換する方法

【特殊】ScratchのプログラムをPythonに変換する方法

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

Scratchで作ったプログラムをPythonに変換することはできるかな?ScratchからPythonに変換できたらビジュアルプログラミングから本格的なテキストプログラミングに移行しやすいのにな。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • Scratch3.0のプログラムをPythonに変換する方法【mBlok5を使用】
  • ScratchからPythonにステップアップする方法

結論から言うと、Scratchで作ったプログラムをPythonに変換する公式の方法はありません

ただ、Scratch3.0をベースに作られたプログラミングソフトでScratchからPythonに変換することはできるので、本記事ではその方法を紹介します。

スポンサーリンク

Scratch3.0のプログラムをPythonに変換する方法【mBlok5を使用】

結論は「mBlockエムブロック5」を使う方法です。こんな感じで変換できます。

mBlock5とは

mBlock5はMakeblock社がScratch3.0をベースに作ったプログラミングソフトです。

こんな感じでして、Scratchのようにプログラミングできます。スプライトが猫からパンダに変わっています。

mBlock5の導入方法は下記のどちらかの記事をご覧ください。
 オフライン版mBlock5の導入手順
オンライン版mBlock5の導入手順

Scratch3.0で作ったプログラムをPythonに変換する具体的な方法

Scratch3.0で作ったプログラムをPythonに変換する手順は次のとおりです。

  • ① Scratch3.0でプログラムを作り、保存する
  • ② mBlock5で①のプログラムを開く
  • ③ mBlock5で②のプログラムをPythonに変換する

上記のとおりです。順番に説明します。

① Scratch3.0でプログラムを作り、保存する

まずは、Scratch3.0でプログラムを作り、コンピューターに保存します。

保存したファイル(hello_scratch.sb3)がこちらです。

② mBlock5で①のプログラムを開く

次にmBlock5を起動します。

mBlock5を導入していない方はどちらかの記事をご覧ください。
 オフライン版mBlock5の導入手順
オンライン版mBlock5の導入手順

手順①で保存したプログラムをドラッグ&ドロップで開きます。

もちろん、メニューから開いてもいいです。

Scratch3.0のプログラムを開くとこんな感じです。スプライトも読み込めました。

Scratch3.0とmBlock5の命令に違いは見られなかったので、ほとんどのプログラムは問題なく開けるはずです。ですが、開けない場合があるかもです。

③ mBlock5で②のプログラムをPythonに変換する

あとは、右の方にある[</>]をクリックしてPythonコードに変換します。

おおっ!変換できてます!

しかも、ブロックを動かすとリアルタイムでPythonのコードが動きます。

これは便利ですよ。

ただ、注意点としては下記のとおりです。

  • Scratch→Python:変換可能
  • Python→Scratch:変換不可

なぜなら、このPythonコードは読み取り専用だからです。

じゃあ、Pythonでプログラミングできないのか?

答えはNOです。Pythonでプログラミングする方法があります。

右上の[Python]ボタンをクリックするとPythonでコードを書けます。

Scratchのプログラムが変換されるわけではありません。コピペか手入力する必要があります。

実行するには[実行]をクリックするだけです。画像のプログラムは緑の旗を押すと動作するプログラムなので、緑の旗を押すとパンダが動きます。

ちなみに、mBlock5で作ったプログラム(*.mblock)の拡張子を.sb3に書き換えればScratch3.0で開けました。ただ、全てのプログラムが開けるとは限りません。

ScratchよりmBlock5を使うほうがよさそう

こんな感じでmBlock5は便利なので、最初からmBlock5を使うほうがよさそうですね。

また、単純にPythonだけを学習するよりも、mBlock5を使う方が「Scratchのこの部分はPythonで書くとこうなるんだ!」とわかるので理解しやすいです。

ScratchからPythonにステップアップする方法

もっと本格的にPythonでプログラミングしてみたい方は「mBot2エムボット2」を使う方法もありです。

mBot2とはMakeblock社製の組み立て式ロボットカーです。mBot2の前

mBot2を使うメリットは次の2点です。

  • ①本格的なPythonエディターが使える
  • ②ロボットが高機能

それぞれ解説します。

メリット①:本格的なPythonエディターが使える

先程紹介したPythonのプログラミング方法と違い、下記のように本格的なPythonエディターでプログラミングすることができます。

ただ、このエディターはmBot2に搭載されているマイコンのCyberPiサイバーパイ専用です。スプライトや他のロボットのプログラミングはできません。

Pythonエディターはファイルを分けることができますし、タブを切り替えながらプログラミングできます。

また、下にコンソールがあるのでPythonコードを打ち込んで実行結果を確認することができます。

こんな感じで、最初に紹介した方法より本格的にPythonプログラミングができます。

メリット②:ロボットが高機能

mBot2は13種類のセンサー類を搭載していて高機能です。ここまで多いロボットおもちゃはなかなかありません。

▼マイコン(CyberPi)に搭載されたセンサー類mBot2のCyberPi

また、WiFiモジュールを内蔵しているので、ロボットをインターネットにつないでAIを活用したプログラム(音声操作など)を作ることができます。
これだけセンサー類が多いと工夫次第で色々なプログラムを作ることができます。

こんな感じでして、mBot2は高機能なので色々なことができます。

目の前で動くロボットがあると「急発進しないように徐々に加速させたいな」とか、「もっと速くコース上を走らせたいな」とか実現したいことが色々生まれます。

その、「実現したいこと=目的」があると

  1. 目的を達成したい
  2. 目的を達成するにはどうすればいいか方法を考える
  3. その方法をプログラミングするためにPythonを勉強する

というサイクルが生まれるので、ScratchからPythonにステップアップしやすいです。

mBot2のことを詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。詳しくレビューしています。

それでは、プログラミングを楽しんでください(^_^)/~

created by Rinker
Makeblock
¥21,999 (2024/05/25 21:02:04時点 Amazon調べ-詳細)
本記事があなたのお役に立てましたら、ブックマークをお願いしますm(_ _)m
タイトルとURLをコピーしました