【mBlock5】オンライン版mBlock5の導入手順

【mBlock5】オンライン版mBlock5の導入手順

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前レビューした「Codey Rockyコーディーロッキー」や「mBot2エムボットツー」をプログラミングするソフトは「mBlock5エムブロック ファイブ」といいます。「5」はバージョン5という意味です。

このmBlock5にはWEBブラウザでプログラミングするオンライン版とパソコンにインストールしてプログラミングするオフライン版があります。

本記事では、mBlock5のオンライン版の導入手順を解説します。

本記事の内容
  • オンライン版mBlock5の導入手順

オンライン版は公式サイトにアクセスすればすぐにプログラミングを開始できるのですが、パソコンとロボットを接続するにはパソコンにデバイスドライバーをインストールしないといけません

本記事ではデバイスドライバーのインストールとプログラミングサイトの起動までを解説します。

今回はWindowsPCにインストールする場合を例に説明します。
スポンサーリンク

オンライン版mBlock5の導入手順

mBlock5の導入手順の全体像は次のとおりです。

  1. リンクソフト(mLink2)のダウンロード
  2. リンクソフト(mLink2)のインストール
  3. デバイスドライバーのインストール
  4. プログラミングソフト(mBlock5)の起動
リンクソフト(mLink2)はオンライン版のプログラミングソフトにアクセスするためのリンク集とデバイスドライバーがセットになったソフトです。

簡単です。順番に解説しますね。

1.リンクソフト(mLink2)のダウンロード

まずは、公式サイトにアクセスします。
mBlockの公式サイトはこちら

アクセスすると下記のページが開くので下までスクロールし、mLink for Windowsの[ダウンロード]をクリックします。

するとダウンロードが始まります。私の場合は約2分でダウンロードできました。

ダウンロードしたインストーラー(インストールするためのソフト)はこれです。

最新のバージョンは画像(V2.1.1)と異なる場合があります。

2.リンクソフト(mLink2)のインストール

インストーラーをダブルクリックして実行します。

場合によっては下記の画面が表示されるかもです。
その時は発行元とアプリを確認し、[実行]をクリックします。

この画面は出るときと出ないときがあるようです。色々調べた結果、メーカーの公式サイトのリンクからダウンロードしたものなので問題なさそうと私は判断しました。

ユーザーアカウント制御画面が表示されるので[はい]をクリックします。

するとインストールが始まります。しばらく待ちます。

3.デバイスドライバーのインストール

先程のインストールが最後まで進むと、新しくデバイスドライバーのインストール画面が表示されるので[INSTALL]をクリックします。

このデバイスドライバーはPCとロボットをUSBケーブルで接続するためのソフトです。

インストールが終わったら[OK]をクリックします。

そして、[×]をクリックしてデバイスドライバーのインストールを完了します。

4.プログラミングソフト(mBlock5)の起動

デバイスドライバーのインストール画面を閉じたらmLink2のインストール画面に戻るので、[完了]をクリックしてmLink2を起動します。

初回起動時のみ、ファイアウォール設定画面が表示されるので[アクセスを許可する]をクリックします。

基本的にそのままの設定で問題なさそうと私は判断しました。

そして、mLink2が起動したらmBlock block-based editorの[Create now]をクリックします。

言語は英語と中国語のみです。

これでパソコンとロボットを接続してプログラミングができるようになりました。

結構簡単でしたね。

自動起動の設定解除

初期設定のままだと、パソコンを起動するたびにmLink2が立ち上がるのでそれを回避する手順を解説します。

まず、[Settings]をクリックします。

「Run at startup」の✓をはずし、[OK]をクリックします。

これで、パソコンを起動しても自動でmLink2が起動しなくなりました。

もし、自動で起動させたい場合は先程の✓を入れてください。お好みでどうぞ。

次はmBlock5とロボットの接続

これで「Codey Rockyコーディーロッキー」や「mBot2エムボットツー」をプログラミングする準備ができました。

次は「Codey Rockyコーディーロッキー」や「mBot2エムボットツー」を接続する方法を解説します。
 mBlock5とCodey Rockyを接続する方法
 mBlock5とmBot2を接続する方法

また、AI機能を利用するには無料の会員登録が必要です。その方法はこちらの記事をご覧ください。簡単です。
 無料の会員登録方法

それでは「Codey Rockyコーディーロッキー」や「mBot2エムボットツー」を楽しんでください(^^)/~~~

本記事があなたのお役に立てましたら、ブックマークをお願いしますm(_ _)m
タイトルとURLをコピーしました