ソニーのKOOVとは?対象年齢やプログラミング方法を解説

ソニーのKOOVとは?対象年齢やプログラミング方法を解説

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

ソニーのKOOVとはどんなおもちゃだろう?プログラミングできるの?対象年齢は何歳からかな?実際に楽しめる年齢を教えてほしいです。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • ソニーのKOOVとは?プログラミング方法や概要を解説
  • KOOVの対象年齢は?【実際に楽しめる年齢も解説】

ソニーのプログラミングおもちゃ3種類ありますが、本記事ではKOOVクーブについて解説します。

そんな私はこれまで50種類以上プログラミングおもちゃをレビューしてきました。独自の観点で詳しく解説します。

スポンサーリンク

ソニーのKOOVとは?プログラミング方法や概要を解説

ソニーのKOOVクーブとは、カラフルなブロックでロボットを組み立てて、自由にプログラミングできるブロックタイプの教材です。

メーカー

メーカーはあの”ソニー”なんですが、ソニーと言ってもソニーグループの中に色々な会社がありまして、KOOVはSony Global Education, Inc.ソニー グローバル エデュケーションという会社が作っています。

ちなみに、ソニーの他の会社が出しているプログラミングおもちゃは「ソニーのプログラミングおもちゃ「toio、KOOV、MESH」を比較」にまとめているので興味があればご覧ください。

この会社はソニーグループの中でも教育関連の事業を行っている会社で、他にはLOGIQ LABOロジック ラボというオンライン学習サービスも展開しています。

できること

KOOVでできることを簡単にまとめると下記の通り。

  • ブロックでロボットを組み立てる
  • ロボットをプログラミングして動かす
  • Scratchっぽいプログラミングソフトでプログラミングする
  • センサー類を活用して自動で動くロボットを作る

上記のとおりです。アイデア次第でいろんなものを作れますよ!

ラインナップ

キットのラインナップは全4種類です。

商品名 価格(税込) 電子パーツ数 その他パーツ数 特徴
エントリーキット ¥14,800 4 79 必要最低限のキット
ベーシックキット2 ¥24,800 12 100 中間のキット
スターターキット ¥40,568 16 172 パーツ多めのキット
アドバンスキット ¥64,800 24 302 全部入りのキット

違いはパーツの種類と数でして、それぞれの関係は下記の通り。

エントリー < ベーシック2 < スターター < アドバンス

基本的には上位のキットを買うと下位キットのパーツは全部入っています。全てのパーツが入ってるのは「アドバンスキット」です。

詳しい比較は下記の記事をご覧ください。

プログラミング方法

プログラミング方法は2種類あります。

  • ビジュアルプログラミング(Scratchっぽい)
  • テキストプログラミング(Python)

ビジュアルプログラミング

ビジュアルプログラミングはこんな感じで、命令の書かれたブロックをつないでプログラムを作ります。

なので、プログラミング初心者の方でも安心して始められますよ。

テキストプログラミング

一方、テキストプログラミングではAI開発にも使われるPythonパイソンというプログラミング言語を使ってプログラミングします。

ただし、Pythonプログラミングは個人ではできないようでして、個別指導Axisのロボットプログラミング講座を受講するとPythonプログラミングができます。

教材(作例と学習コース)

KOOVを買うと教材として下記があります。

  • 作例
  • 学習コース

これはキット別に使える教材数が変わります。まとめると下記の通り。

商品名 作例数 教材数
エントリーキット 2 1
ベーシックキット2 9 1
スターターキット 24 4
アドバンスキット 34 6
キットを買うだけで、これだけの教材が付属するプログラミングおもちゃはかなり珍しいですよ。

特徴

主な特徴は下記の3つです。

  • 透明でカラフルなブロック
  • アーテックブロックと互換性あり
  • 拡張性が高い

透明でカラフルなブロック

何と言っても、ブロックが透明できれいですよね。

アーテックブロックと互換性あり

しかも、このブロックは㈱アーテックのアーテックブロックと互換性があります。実はソニーと共同開発してるんです。

▼アーテックブロックアーテックロボのトリケラトプスのアーテックブロック

写真は「アーテックロボ トリケラトプス」に付属するブロック

拡張性が高い

しかも、距離センサーやカラーセンサーなどの電子パーツを追加で購入すれば、拡張して長く遊べます。

やっぱり、ブロックタイプのプログラミングおもちゃは何でも作れますし、KOOVはセンサー類を追加して遊べるので、かなりいい教材です。

KOOVの対象年齢は?【実際に楽しめる年齢も解説】

KOOVの対象年齢は8歳以上です。ただこれは、メーカーが推奨する年齢です。

実際に楽しく遊べる年齢は?

ネット上の口コミを見た感じ、下記のとおりですね。

  • 5~6歳:ブロックの組み立てだけなら楽しめる
  • 6~8歳:学習コースを見ながら一人で進められる
  • 9歳以上:理解しながら遊べる

学習コースは全てふりがながあるので、小学校低学年のお子さんでも楽しめますよ。

KOOVは大人でも楽しめる

実は、KOOVを使ったコンテストが定期的に開催されていて、中には大人の方の作品もあります。

KOOVは自由度が高く、いろんなセンサーを使って様々な装置を作ることができるので、大人でも楽しいんですよね。

なので、小学生のプログラミング学習だけにとどまらず、エンジニアを目指すお子さんにも向いてますよ。

それでは、KOOVを楽しんでください(^_^)/~

タイトルとURLをコピーしました