プログラミング教育のアンプラグドプログラミングについて詳しく解説

プログラミング教育のアンプラグドプログラミングについて詳しく解説

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

プログラミング教育のアンプラグドプログラミングって何かな?あとアンプラグドプログラミングの具体的な方法を知りたいな。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • プログラミング教育のアンプラグドプログラミングについて詳しく解説
  • アンプラグドプログラミングの具体的な方法を紹介

そんな私は高専、大学、大学院でロボットの制御プログラムを作り、その後は大手メーカーでソフトウェアエンジニアとして6年以上バリバリプログラムを書いていました。

この経験をもとに解説します。

スポンサーリンク

プログラミング教育のアンプラグドプログラミングについて詳しく解説

プログラミング教育のアンプラグドプログラミングについて解説していきます。

アンプラグドプログラミングとは?

プログラミング教育におけるアンプラグドプログラミングとは「パソコン(PC)やタブレットなどの電子機器を使わないでプログラミング的思考力を養うこと」です。

「アンプラグド(unplugged)=電源プラグをつながない≒電子機器を使わない=パソコンやタブレットを使わない」ということです。

このプログラミング的思考力とは「目的を達成するために最適な手段を選べる力」のことです。

この思考力自体は実際にプログラムを作らなくても身につけることができるのでPCやタブレットを使わなくてもいいというわけです。

アンプラグドプログラミングの具体例

もう少し具体例を交えながらアンプラグドプログラミングを説明します。

例えば、「家の周りは夜になると暗くて危険なのでなんとか改善したい」という目的があるとします。

このときにどういうプログラムを作るかというと例えば次のとおりです。

  • 1.人が近づいたかどうかを判定する
  • 2-1.人が近づいた場合
  • ・・・ライトを点灯させる
  • 2-2.人が近づいていない場合
  • ・・・ライトを点灯させない(なにもしない)

ただこのプログラムだと昼間の明るいときでも人が近づいたらライトが点いてしまいます。それはイマイチですよね。

なので、プログラムを改良すると次のとおりです。

  • 1.人が近づいたかどうかを判定する
  • 2-1.人が近づいた場合 かつ 外の明るさが暗い場合
  • ・・・ライトを点灯させる
  • 2-2.人が近づいた場合 かつ 外の明るさが明るい場合
  • ・・・ライトを点灯させない(なにもしない)
  • 2-3.人が近づいていない場合
  • ・・・ライトを点灯させない(なにもしない)

これなら外が暗いときだけ人が近づいたらライトを点灯させることができますので、目的の「家の周りは夜になると暗くて危険なのでなんとか改善したい」を達成することができます。

このように、実際にプログラムを作らなくても「どういう考えで目的を達成すれば最適なのか」と考えることがアンプラグドプログラミングです。

本当にアンプラグドプログラミングに意味はあるのか?

とはいえ、「パソコンでプログラミングしないと意味ないんじゃないのかな?アンプラグドプログラミングって意味あるのかな?」と思われるかもです。

結論は、意味あります

なぜなら、プログラムを書く能力よりもプログラムをどのように作るかを考える力が大事だからです。

これはエンジニアとして実感しています。

アンプラグドプログラミングではプログラムを書く作業をしないので、むしろプログラムをどのように作るか考える「プログラミング的思考力を養うこと」に集中できます。

なのでアンプラグドプログラミングに取り組むことは意味があります。

というわけで最後はアンプラグドプログラミングの具体的な方法を紹介します。

アンプラグドプログラミングの具体的な実践方法を紹介

結論は「プログラミングおもちゃを活用する方法」です。

プログラミングおもちゃのメリット

プログラミングおもちゃは、プログラミングを知らないお子さんでも遊びながら自然とプログラミング的思考力を身に着けられるように作られています

なので、プログラミングを知らないお子さんも親御さんも「プログラミングってこういうことなんだ!」とわかるかなと。

それにプログラミングおもちゃにはアンプラグドなプログラミングおもちゃもたくさんあるのでいくつか紹介します。

ボットリー コーディングロボット アクティビティセット

ボットリー コーディングロボット アクティビティセット」は付属のボードやブロックでコースを作り、スタートとゴールを決めて、スタートからゴールまで進むようプログラミングするロボットカーです。

メリット デメリット
パソコン・ダブレット不要(スクリーンレス) 説明書は文字がぎっしりで、ルビがない
3つの基本処理(順次、分岐、反復)が全て可能 卓上で遊ぶにはサイズが大きい
プログラム設計部品が付属
プログラムを考える作業と作る作業が分かれている

本体のボットリーです。目と目の間の黒丸は距離センサーです。近くに物体があるとそれを検知します。デバイスを使わないおもちゃで物体検出ができるのはすごいです!

それに、おしゃべりもするので結構かわいいです!

まずは、説明書の問題通りにコースを作ります。

次に、どのように進めばゴールにたどり着くか命令カードを並べながら考えます。

このカードが付属しないプログラミングおもちゃは結構多いので、このおもちゃは優秀です!

そして、考えたとおりに付属のリモコンでプログラミングします。

最後に、プログラムを実行して、ゴールにたどり着けばクリアです!

パソコンやタブレットを使わなくてもプログラミングの基本を体験できますよ!

関連「ボットリー コーディングロボット アクティビティセット」の詳細レビューはこちら

カードでピピッとはじめてのプログラミングカー

「カードでピピッとはじめてのプログラミングカー」は付属のマップ上にスタートとゴールを決めて、スタートからゴールまで進むようにプログラミングするロボットカーです。 はじめてのプログラミングカーの概要

メリット デメリット
パソコン・ダブレット不要(スクリーンレス) 分岐処理、反復処理ができない
プログラム設計部品が付属 マップの折り目に車が引っかかる
プログラムを考える作業と作る作業が分かれている
マクロ機能が使える
命令の種類が10種類で豊富

本体の車です。ヘッドライト(LED)とスピーカーがあります。曲がるときはウインカーが光り、音が「カッチカッチ」と鳴ります。はじめてのプログラミングカーの車

まず、スタートとゴールを決めます。はじめてのプログラミングカーのスタートとゴール

次に、どのように進めばゴールにたどり着くか命令カードを並べながら考えます。はじめてのプログラミングカーのプログラム設計

これが付属しないプログラミングおもちゃは結構多いので、このおもちゃは優秀です!

そして、命令タグを読み込ませてプログラミングします。はじめてのプログラミングカーのプログラミング

こんなおもちゃは他に見たこと無いです。結構ハイテクですごいです!

最後に、プログラムを実行して、ゴールにたどり着けばクリアです!はじめてのプログラミングカーのプログラム実行

「駅から公園まで行ってみよう!」という感じでストーリーを作りながら遊ぶと小さなお子さんでもプログラミングに馴染みやすいかなと。

関連「カードでピピッとはじめてのプログラミングカー」の詳細レビューはこちら

3Dロジカルルートパズル

「3Dロジカルルートパズル」は問題通りにスタート位置にボールを置き、ゴールと同じ色の場所にボールが転がるようにルート(経路)を組み立てるパズルタイプのおもちゃです。3Dロジカルルートパズルの概要

パズルタイプのおもちゃでもプログラミング的思考力は養えますよ。

まず、問題通りにボールをスタート位置に置きます。一番下のゴールと同じ色のところにボールを入れることがこのおもちゃの「目的(達成したいこと)」です。

写真はレベル1なので高さは1段だけです。

そして頭の中でどのようなルートならボールがスタートからゴールにたどり着くか考え、そのルートを通るようにコースを組み立てます。

そしてボールを転がして同じ色のゴールにたどり着けば目的達成です!

以上のように、目的を達成するために「計画」し、その計画を「実行」します。そして、その結果を「評価」し、「改善」することで、最適な手段で目的を達成します。

このおもちゃではこの一連の流れを体験することができるので十分にプログラミング的思考力を養えます。

あと、高さは最大で5段まで作れます。段が増えるほどパズルの難易度が上がります。

これはやりごたえがありますよ。

関連「3Dロジカルルートパズル」の詳細レビューはこちら

結論:アンプラグドプログラミングから始めることは有効です

アンプラグドプログラミングなプログラミングおもちゃを3種類紹介しました。

どのおもちゃもプログラミング的思考力を身につけるために必要な要素が入っていますよ。

また、各おもちゃの詳細レビュー記事に「学びになる遊び方」を書いていますので、興味があればご覧くださいm(_ _)m

それでは、プログラミングを楽しんでください(^_^)/~

タイトルとURLをコピーしました