Apitor Robot Xの新規と旧版の違い【結論:販売元だけ】

Apitor Robot Xの新規と旧版の違い【結論:販売元だけ】

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

Amazonで売ってるApitor robot Xに「新規」って書いてあるけどこれは何かな?古いのと違いがあるのかな?どっちを買ったらいいかわからないので教えてほしいです。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • Apitor robot Xの新規と旧版の違い【結論:販売元だけ】
  • 今から買うならどっち?【どちらでもOK】

ちょっと前から「新規」と書かれた商品が出品されており、気になったので調べてみました。

新規は持っていないのですが、旧版は持ってまして、また新作のApitor Robotシリーズまで買い揃えているApitor Robotマニアの私が解説します。

スポンサーリンク

Apitor robot Xの新規と旧版の違い【結論:販売元だけ】

Apitor Robot Xの戦士のポーズ

結論は、販売元の違いだけです。

とはいえ、実際に旧版と新規の両方を買って比べたわけではないです。持ってる旧版の情報を基に解説します。

違いは2点のみ

Amazonの販売ページをみると違いは次の2つです。

  • 販売元
  • 価格

それぞれ詳しく見ていきます。

販売元の違い

まず、販売元が違います。

  • 旧版:Apitor Technology Co.,Ltd.
  • 新規:株式会社APITOR JAPAN

Apitor Technology Co.,Ltd.とはこの商品を作っているメーカーで、アメリカのスタートアップ企業です。中国の深センに本社があるようです。

一方、株式会社APITOR JAPANはこのメーカーの日本支社で、日本には自社倉庫とオフィスがあるようです。

つまり、日本向けに販売を行う会社ということですね。

価格の違い

Amazonでの販売価格は少し違います。

  • 旧版:13,000円
  • 新規:13,900円

はい。値上げされてます。おそらく、販売元が変わったタイミングで価格改定が行われたのでしょう。

ちなみに、Amazonでは参考価格が16,000円で、割引価格が13,900円となってますが、私が見た限り、いつも13,900円です。

楽天市場の公式ショップも通常価格は13,900円なので、たぶん、いつもこの値段かと。

他の違いは?

「価格が変わってるんだったら、内容も変わってるんじゃないの?」と思われるかもです。

ですが、商品説明を見る限り、内容物に変更はありませんし、専用アプリも今までと同じものなので内容物に変更は無いでしょう。

というわけで、旧版と新規の違いは販売元と価格です。

今から買うならどっち?【どちらでもOK】

Apitor Robot Xの箱

今から買うなら、どちらでもOKです。安い方を買えばいいです。

理由は…

先程も書きましたが、内容物に違いは無いので、安い方を買えばいいです。

じゃあ、実売価格が安いのは?

通常の販売価格だと旧版の方が900円安いです。

ですが、新規の方は割引やクーポンがあります。

記事執筆時点だと、1,400円OFFクーポンがあるので、12,500円で買えます。(旧版より500円安い)

Amazonの販売ページ

ただし、もうすぐ高くなるかも

ただ、この割引は旧版の在庫が無くなったら終了するかもです。

なぜなら、割引する必要がなくなるから。

安い方の在庫が無くなれば競争相手がいなくなるので割引しなくても買ってもらえますよね。

なので、少しでもApitor Robot Xが気になっているなら、旧版の在庫が残ってるうちに安い方を買うことをおすすめします。

それにもし、お子さんが遊ばなくなったらメルカリで売ればいいですからね。

安く買えるうちにどうぞ。

 Amazonの販売ページ【旧版】
 Amazonの販売ページ【新規】

created by Rinker
Apitor
¥13,900 (2024/06/14 10:40:33時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました