【Apitor Robot E】機械アームのレビュー

【Apitor Robot E】機械アームのレビュー

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

以前レビューした「Apitor Robot Eアピター ロボットE」には14種類の作例があります。

今回はその中の一つの「機械アーム」について詳しく紹介します。

本記事の内容
  • 【Apitor Robot E】機械アームのレビュー

機械アームはラックアンドピニオンと言って、回転運動を直線運動に変換する機構を使う作例です。

created by Rinker
Apitor
¥5,990 (2024/04/13 23:37:30時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

【Apitor Robot E】機械アームのレビュー

「エンジン」の分解

今回は、前回作った「エンジン」を分解するところから始めます。

ブロック外しが付属するので慣れれば簡単に分解できます。

レゴブロックのブロック外しとほとんど同じで、使い勝手は良いです。

私は10分くらいで分解できました。小さなパーツは予め仕分けしておくといいですね。Apitor Robot Eの仕分け

Seriaやダイソーで購入できるSikiriケースが便利ですよ。

組み立て

組み立ては専用アプリの説明書を見ながらおこないます。

完成!

そして、完成したものがこちらです!20分くらいで完成しました。

先端でつまめるようになっています。

後ろから。

正面と背面です。

側面です。

そして、ペットボトルと比べるとこんな感じです。

まあまあ大きいです。

ロボットの動作

というわけで、実際に動かしてみました!

物をつかんでみようとしたのですが、つかめませんでした。あと、歯車が途中で引っかかってきれいに動かないです…。
仕組みとしては、歯車が回転すると横のギザギザに沿ってグレーのパーツが上下に移動してアームが開閉します。
付属の学習教材に詳しい解説が書いてありますよ。

結論:もう少しきれいに動けば…

仕組みは面白かったのですが、ブロックが外れやすく、途中で引っかかることが多かったです。

また、他の作例のレビュー記事もよろしければどうぞ。

それでは Apitor Robot Eを楽しんでください(^^)/~~~

created by Rinker
Apitor
¥5,990 (2024/04/13 23:37:30時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました