ロボ団の月謝や料金などを解説【隠れ費用に注意/タブレット代】

ロボ団の月謝や料金などを解説【隠れ費用に注意/タブレット代】

※当サイトには広告が掲載されています。ご了承くださいm(_ _)m

ロボ団の料金や月謝、実際にかかる費用を知りたいな。公式サイトには書いてあるけど、他に必要な費用はあるかな?それに他のロボット教室と比べて安いのか気になります。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  • ロボ団の月謝や料金などの費用を解説【隠れ費用に注意】
  • ロボット系のプログラミング教室との比較【結論:あまり安くない】

実際にロボ団を体験した方の口コミや公式サイトの情報を基に料金を整理しました。

結論から言うと、初期費用は安いものの、総額はあまり安くないです。

月謝だけでなく、初期費用や教材費、総額、そして1回あたりの費用も詳しくまとめているので最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ロボ団の月謝や料金などの費用を解説【隠れ費用に注意】

費用概要

ロボ団はコースによって料金が異なります。各コースを受講するのにかかる費用(税込)は次のとおりです。

費用内訳(税込) キンダー ビギナー チャレンジャー クリエイター イノベーター
初期
費用
入会金 11,000円
教材費 0円
その他※ 0円 約20,000円
月額
費用
授業料 9,800円 12,800円 15,800円
教材費 0円
PCレンタル代 0円
その他 0円
※タブレット代

基本的には公式サイトに載っているとおりなのですが、別途、授業に使用するタブレットを生徒側で用意しないといけません。

多くのプログラミング教室は教室側が用意したり、貸し出したりしていますが、ロボ団は自分で用意しないといけないんですよね。これは自宅で宿題をしないといけないからです。

とはいえ、学校から配られたタブレットがあれば実質不要な出費ですし、最近は2万円もあれば十分なタブレットを買えます。

また、この教室はフランチャイズ経営なので教室によって料金が異なる場合があります。正確な料金は体験教室のときに確認してください。

フランチャイズ経営とは本部の有する経営ノウハウなどを加盟店に与えるかわりに、加盟店が本部に対価として使用料を支払うシステムです。

初月の費用と月々の費用

初月の費用と月々の費用、そして総額を計算すると次のとおりです。

費用内訳(税込) キンダー ビギナー チャレンジャー クリエイター イノベーター
初月 20,800円 43,800円 46,800円 46,800円 46,800円
翌月以降 9,800円 12,800円 15,800円 15,800円 15,800円
1年間の費用 69,800円※1 184,600円 220,600円 220,600円 220,600円
総額※ 69,800円※1 184,600円 220,600円 220,600円 220,600円
※総額:1年間(12ヶ月)のカリキュラムを全て受講した場合 ※1:キンダーコースは6ヶ月間のみ
一応、年長(キンダーコース)から小学4年生(イノベーターコース)までの4年半を順番に受講する場合の費用を計算すると次のとおりです。
費用内訳(税込) キンダー ビギナー チャレンジャー クリエイター イノベーター
初期
費用
入会金 11,000円
0円
教材費 0円
その他 0円 約20,000円 0円
月額
費用
授業料 9,800円 12,800円 15,800円
教材費 0円
PCレンタル代 0円
その他 0円
初月 20,800円 32,800円 15,800円 15,800円 15,800円
翌月以降 9,800円 12,800円 15,800円 15,800円 15,800円
期間の費用 69,800円 173,600円 189,600円 189,600円 189,600円
総額(4年半) 812,200円
※:キンダーコースはプログラミングなし
計算してみるとかなり高額に思えますが、平均すると年間約18万円です。ということは1日あたりに換算すると約495円です。ランチ1回分より安いですよね。

とはいえ、相場がわからないと高いのか安いのかわからないと思うので、次は似たようなプログラミング教室と比較します。

まずは、ロボ団は1日あたりランチ一回分くらいで済むと思ってもらえれば。

ロボット系のプログラミング教室との比較【結論:あまり安くない】

結論から言うと、他のロボット系プログラミング教室と比べて実はあまり安くないです。

他のロボット系教室との比較

同じ対象年齢(小3~)向けのロボット系プログラミング教室を比較しました。

具体的には下記の通りで、人気ロボット系プログラミング教室の1年間にかかる費用を比べています。

費用(税込) ロボ団 Crefus
ヒューマンアカデミー
ジュニアロボット教室
アーテック
エジソンアカデミー
チャレンジャー ブロンズコース ミドルコース かたばみ塾
初期
費用
入会金 11,000円 16,500円 11,000円 0円
教材費※1 0円 58,520円 57,750円 44,000円
その他 約20,000円※2 0円 0円 0円
月額
費用
授業料 15,800円 14,300円 10,340円 11,000円
教材費 0円 1,100円 550円 0円
PCレンタル代 0円 0円 0円 0円
その他 0円 1,100円※3 0円 0円
1年間の費用 220,600円 273,020円
199,430円 176,000円
受講回数/年 36回 42回 24回 24回
費用/回 約6,127円 約6,500円 約8,310円 約7,333円
※1:追加キット代含む ※2:タブレット代 ※3:維持費

ロボ団はロボット教材を買わなくていい分、初期費用を抑えられるのが最大のメリットです。(他は6万円くらいかかります)

ただ、初期費用が安い分、教材は自分のものにならない点は押さえておいてください。

また、授業回数を考えると1回あたりの費用は1番安いですが、1年間の費用はあまり安くないです。

年間費用は安くない上に教材も手に入らない…

ロボ団とCrefusは同じ教材の「レゴ エデュケーション SPIKE プライムセット」を使います。これはレゴブロックの高機能なプログラミング教材です。

Crefusはこの教材を購入するのですが、ロボ団との1回あたりの費用の違いは約400円です。

  • ロボ団:約6,127円
  • Crefus:約6,500円

1回の授業あたり約400円の追加でこの教材が自分のものになると考えると…、Crefusの方がいいような気がしますね。

もし、Crefusの料金について詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

ロボ団の評判と口コミ

とはいえ、「やっぱりロボ団の方が興味あるな」という方は評判や口コミをご覧ください。悪い評判や口コミもしっかり書いています。

それではロボットプログラミングを楽しんでください(^_^)/~

タイトルとURLをコピーしました